FC2ブログ
 全697ページ

2019.01.11     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 百二十七回目 その1 どんど焼きの準備

空1

今日は暖かな一日でしたね

当地は久しぶりに二桁の気温になりました

でも明日の土曜日はMax6℃だそうで

気温の変化が大きいです

空2

こんなときは体調を崩しがち

気をつけましょうね

空3

今日からまた植物園訪問記を始めます

訪問したのは今週の火曜日(1/8)

通算百二十七回目の訪問でした

正門前1

植物園を訪問し始めたのが

2014年の1月だったので

これでまる5年通ったことになります

正門前2

もうそんなに経ったのかと

我ながら驚いています

正門前3

通算百二十七回も通っていながら

まだ足を踏み入れていないエリアもあります

とにかく広いです

正門前4

まだしばらくは飽きずに通い続けそう♫

辛抱してお付き合いください(笑)

正門前5

今の時期は植物園にとっては閑散期

この日私の乗った送迎バスには

私を含め乗客が二人だけ

正門前6

閑散期ですが

間もなく一挙に1000人以上が集まるイベントがあります

正門前7

今日はその会場をご紹介

正門前8

このところ雨は降らないですが

なかなか晴れた状態が続きません

正門前9

でも訪問したこの日は

夕方までいいお天気が続いてくれました

展示館前広場

これから向かう先は

北エリアにあります

メタセコイア並木1

メタセコイア並木の入り口までやって来ました

メタセコイア並木2

入り口に立つこのオブジェ(モニュメント)は

彫刻家の速水史郎氏の作品「蒼」

メタセコイア並木3

メタセコイア並木4

このメタセコイア並木に

良く合っていると思っています

メタセコイア並木5

前回訪問時(12/18)と比べると

並木道がますます明るく感じます

メタセコイア並木6

前回も今回と同様に

メタセコイアの木々は完全に葉っぱを落としていたのですが

メタセコイア並木7

違いは足元にありました

前回はまだ足元の地面が

褐色の落ち葉で覆われていたのですが

メタセコイア並木9

今回は落ち葉が綺麗に除去されています

それで前回よりスッキリとした印象なんですね

メタセコイア並木10

多目的広場の入り口までやってきましたが

外周路1

目的地は外周路をもう少し時計回りに進んだところ

外周路2

通常、其処はスポーツ広場と呼ばれています

外周路3

約1.6ヘクタール(甲子園グラウンド1.2個分)の広場で

少年野球やサッカー、運動会などに利用されます

どんど焼き会場1
[ スポーツ広場 ]

そのスポーツ広場の真中に

大きなものが作られつつありました

どんど焼き会場2

高さが15m近くもある大松明

今度の日曜日(13日)にここで「どんどやき」が行われます

ポスター表
                                (画像をクリックすると大きな画像が開きます)
「どんどやき」とは一年の健康・家内安全・無病息災などを願い

お正月飾りなどをお焚き上げする行事

当日は植物園の名誉園長をされている女優の真野響子さんが来園され

この大松明に点火されます

ポスター裏
                                (画像をクリックすると大きな画像が開きます)
今回で15回目だそうですが

当日は豚汁などが振る舞われるとのこと

先着1000名分が用意されるみたい

どんど焼き会場
                                (画像をクリックすると大きな画像が開きます)
当日は多目的広場も臨時駐車場になるみたい

どんど焼き出店
                                (画像をクリックすると大きな画像が開きます)
全部で何名ほどの来園者があるのでしょうね

きっと物凄い人出なんでしょう

私はまだどんどやきには来たことがありません

どんど焼き会場3

今年も来れそうにないなぁ~

どんど焼き会場4

訪問記は明日に続きます

今日の夕暮れ

夕暮れ

曇っていたけれど

だんだん晴れてきて

綺麗な六日月が見えました

六日月
[ 六日月 ]

 掲示板      メール       







関連記事

2019.01.10     カテゴリー :   道端のお花

里山防災林の赤い実と台風被害

空1

予報では一日中晴れのはずだったのに

今日もスッキリとは晴れてくれず

曇り時々晴れのお天気

空2

冬ってこんなお天気でしたっけ

もう少し晴れてくれると思っていたのだけど

空3

今日は1/7に里山防災林へでかけた時のお話

菊水山の北側斜面に広がる檜の林

里山防災林1

出かけた目的は

ある赤い草の実を探すため

里山防災林2

この時期に生っている赤い実には

いくつか種類があり

ツルアリドオシ1

一つはこの赤い実「ツルアリドオシ」

二つのお花から一つの実が出来るので

実にはお花の跡が二つ残っていて

おメメのように見えます

ツルアリドオシ2
[ ツルアリドオシの実 ]

でもこれは目的の赤い実ではありません

ヤブコウジ1

こちらの赤い実は「十両」と呼ばれる

藪柑子(ヤブコウジ)の実

ヤブコウジ2
[ ヤブコウジの実 ]

ここ里山防災林の林床ではよく見られる赤い実です

でもこれも目的の実ではありません

ヤブコウジ3

目的の実はこれ

ツルリンドウの赤い実

ツルリンドウ1
[ ツルリンドウの実 ]

今年はこのツルリンドウの実がとっても不作

台風の影響もあったのでしょう

ツルリンドウ2

いまお庭でツルリンドウを育てているのだけど

正直、苦戦しています

家人や植木屋さんに雑草と間違われてツルを切られたり

ニャンコのトイレで枯れかけたり・・・

ツルリンドウ3

今のお庭のツルリンドウは

この里山防災林で見つけたツルリンドウの実から育てた実生の株

本当はお庭でツルリンドウを育てて実を採取し

増やす予定だったけれど

このままだと消滅しかねないので

ツルリンドウ4

また実を里山防災林から分けてもらい

実生の株を育てることにしたのです

探し回ってやっと三粒の実を見つけました

今お庭に植えられています

ちゃんと芽吹いてくれますように

里山防災林にはこんな変わり種の実もありました

キミノセンリョウ1

黃味千両(キミノセンリョウ)の実です

赤い実をつける千両(センリョウ)の変種

キミノセンリョウ2
[ キミノセンリョウの実 ]

鳥さんが運んできたのかな

この里山防災林の上部は尾根道になっていて

菊水山の尾根登山コースの一部になってます

里山防災林3

この尾根道を少し行くと

里山防災林4

高圧鉄塔が建っています

高圧鉄塔1

高圧鉄塔2

今からお見せする写真は

10/22に撮ったもの

台風21号の被害の写真です

台風被害1
                    (10/22撮影)
台風被害2
                    (10/22撮影)
台風21号は各地に大きな被害を及ぼしましたが

この里山防災林も例外ではありませんでした

台風被害3
                    (10/22撮影)
アチラコチラで大きな木が

バタバタと倒れたり

幹が折れたりしました

台風被害4
                    (10/22撮影)
お山が悲鳴を上げているように感じました

台風被害5
                    (10/22撮影)
どんな風が吹いたのでしょう

台風被害6
                    (10/22撮影)
台風被害7
                    (10/22撮影)
台風被害だけではありませんでした

豪雨被害1
                    (10/22撮影)
こちらは7月の西日本豪雨の爪痕です

豪雨被害2
                    (10/22撮影)
10月になってもまだ手付かずでした

豪雨被害3
                    (10/22撮影)
今回赤い実を探したときに目にしたのは

里山防災林5
                    (1/7撮影)
あれから二月以上経ったのに

まだ手付かずの台風被害でした

里山防災林6
                    (1/7撮影)
倒木が道を塞いでいたところは

一応は通れるようになりましたが

里山防災林7
                    (1/7撮影)
それ以上はこれからのようです

正直、復旧の目処は立っていないと思われます

里山防災林8
                    (1/7撮影)
こんなお山を見ると悲しくなりますね

早くいつものお山に戻れますように

今日のおまけは

ウスタビガの繭です

綺麗な草色のユニークな形の繭を作ります

繭の大きさは3~4センチほど

ウスタビガ
[ ウスタビガの繭 ]

見つけた繭は抜け殻でした

明日からまた植物園訪問記(1/8)を始めますね

 掲示板      メール       







関連記事

2019.01.09     カテゴリー :   

冬枯れの野では

空1

今日は気温が上がらず(Max4℃)

寒い一日となりました

明日から寒さが緩むとの予報だったのに

いつの間にか明日の朝は-2℃まで下がる予報になってます

空2

お庭の石の水盤の水がカチンコチンに凍るような

寒~い冬がすぐそこまで来ているようです

もう今から春が待ち遠しい・・・

空3

今日は冬枯れの野へお散歩に出かけた時のお話です

セイタカアワダチソウ1

場所は石井ダムの近く

セイタカアワダチソウ2

セイタカアワダチソウの綿毛が

お日様に照らされてキラキラ輝いています

美しいと言っても良いかも

セイタカアワダチソウ3

今年は草刈りが行われていないようです

ここでも台風被害の後処理が忙しく

草刈りには手が回らないみたい

セイタカアワダチソウ4

そんな冬枯れの野原ですが

アオツヅラフジ1

それなりに楽しめます♫

アオツヅラフジ2
[ 青葛藤(アオツヅラフジ)の実 ]

今日の目的は鳥見

ヤマガラ1

なかなかピントが合ってくれませんが

お許しを

ヤマガラ2
[ 山雀(ヤマガラ) ]

野原に鳥さんが居るのは判っているのですが

なかなかカメラで捉えることが出来ません

空4

粘って粘って撮れた写真がこれ

ベニマシコ1

遠くの草原にいる鳥さんを最大ズーム840mmで

狙った結果ですが

手持ちなのでブレブレになってしまいました

ベニマシコ2

でも写っているのは

出会いたかったベニマシコのカップルのようです

ベニマシコ3
[ ベニマシコのカップル ]

特に男の子のほうにピントがうまくあわず

赤い色でやっとベニマシコの男の子とわかるだけ

ベニマシコ4

この草原でベニマシコさんに出会うのは初めて

うまく写せなかったけれど

逢えただけで十分満足しました♫

梅の花1

そうそう帰り道で

もう咲き始めた梅のお花に出会いました

こんなに早く咲くのは初めてかも

左の丸い土のような塊は何でしょう

カマキリの卵では無さそうです

梅の花2

この梅のお花の写真を撮っていたら

木の上にこの子がいるのに気が付きませんでした

梅の花3

ふっと上を見上げたら

この子がいてビックリしました♫

ジョウビタキ1

脅かさないようにゆっくりとカメラを向けますが

もともとあまり人を恐れないジョウビタキさん

ジョウビタキ2
[ ジョウビタキの雄 ]

写真を撮り終えるまで

じっとしていてくれました

空5

もう一羽おとなしくモデルになってくれたのが

このキジバトさん

キジバト
[ キジバト ]

冬鳥のベニマシコさんやジョウビタキさんに出会えたこの日のお散歩

出かけて正解でした

おまけは林の中で見つけた瑠璃色の美しい

ナガバジャノヒゲの実

ナガバジャノヒゲ
[ ナガバジャノヒゲの実 ]

 掲示板      メール       







関連記事

2019.01.08     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 百二十六回目 その8 イチゴノキその他

​​空1

今日もいいお天気で暖かな一日となり

今年初の植物園訪問をしてきましたが

そのお話はまた後で

空2

明日、明後日とまた寒くなるとの予報ですが

週末は寒さが緩むとか

この程度の寒さで済むのなら助かるのですが

さてどうなるのでしょうね

空3

今日は百二十六回目の植物園訪問記(12/18)の最終話

あと一つだけ見ておきたいお花が残っていました

空4

そのお花を見るために

正門から一番遠い南のヨーロッパ区まで

行かなければなりません

マップ
(マップをクリックすると大きなマップが開きます)​

長谷池の北岸まで戻っていましたが

長谷池18
[ 北岸の落羽松(ラクウショウ) ]

また長谷池の西岸を南に下ります

長谷池19

長谷池20

長谷池を通り越し

長谷池21

青葉トンネルまでやって来ました

青葉トンネル2
[ 青葉トンネル内部 ]

トンネル内部の照明の色が

暖色系統の冬バージョンになっています

青葉トンネル1

後ろを振り向くとこんな感じ

お目当てのお花は青葉トンネルを出て

空5

100mほど進んだところで咲いていました

イチゴノキ1

これがそのお花

南ヨーロッパ原産のツツジ科の常緑樹「イチゴノキ」

イチゴノキ2

お花はドーダンツツジやアセビのお花に似た

ベル型の可愛いお花です

イチゴノキ3

晩秋から初冬にかけてお花が咲き

一年かかって実が生るそうです

イチゴノキ4
[ イチゴノキ ]

だからお花が咲く頃

昨年のお花の実が一緒に木からぶら下がっているはずなんですが

見当たりませんでした

日本ではこの時期に受粉を助ける虫さんが余り居ないのが原因かも

イチゴノキ5

イチゴノキの名前は

果実がイチゴに似ているからだとか

果実は食べられるそうですが

生食では美味しくなく

ジャムなどに加工して食べるそうです

園内1

また時々見に来てみましょう

忘れないようにしなければ・・・

園内2

遠くの木の梢にとまっている鳥さんを発見

シメ?

逆光でうまく撮れませんでしたが

ウソ?イカル?シメ?のどれか

単独でいるところを見るとシメかな

空6

そろそろ帰る時間が近づいたので

正門へ向かいましたが

シナレンギョウ1

途中でこんな黄色のお花が咲いていました

シナレンギョウ2

シナレンギョウのお花かな

それともチョウセンレンギョウのお花かな

それにしてもこんなに早くから咲くとは・・・

シナレンギョウ3

冬至が近いため

日が沈むのが早かったです

あじさい坂5

そうでなくても来園者が少なかったのに

あじさい坂6

この時間になると

もうほとんど人影はありませんでした

あじさい坂7

あじさい坂8

バス停にも人影がありません

正門前10

ガラ~ンとした正門前広場

正門前11

これで今回の植物園訪問記を終わります

正門前12

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました

正門前13

この月二回ペースで訪問を続けると

2019年中に通算150回の訪問になりそうです

正門前14

正門前15

またお付き合いください

正門前16

今日の夕暮れ

夕暮れ1

夕暮れ2

今日からまたお月様が見えるようになりました

今日のお月様は三日月

三日月
[ 三日月 ]

 掲示板      メール       







関連記事

2019.01.07     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 百二十六回目 その7 長谷池~カモシカ園

空1

今日の気温は7℃/0℃

天候は晴れ時々曇り

穏やかで気持ちの良い一日でした

空2

今日は里山防災林へ出かけ

ツルリンドウの実を採取してきました

中の種をお庭に植えたのですが

そのお話はまたいずれ

空3

今日も植物園訪問記(12/18)の続きです

香りの道を長谷池までやって来たところから

空4

十一月の末頃は

まだこんなに紅葉が綺麗でしたが

長谷池1+
[ 11/27の長谷池 1 ]

訪問した12/18には

もうすっかり紅葉は終わっていました

長谷池1
[ 12/18の長谷池 1 ]

斜面一面がモミジで覆われていたもみじ坂も

長谷池2+
[ 11/27のもみじ坂 ]

長谷池2
[ 12/18のもみじ坂 ]

また長谷池から砂防ダム湖へ下るもみじ谷も

長谷池3+
[ 11/27のもみじ谷 ]

長谷池3
[ 12/18のもみじ谷 ]

すっかり冬枯れの風景になっていました

長谷池4

華やかな秋景色が美しかっただけに

いっそう寂しげに見えます

長谷池5

よく見ると長谷池の水位が下がっています

もう池の水抜きが始まっているのでしょう

長谷池6

カモシカ園の入り口にある

池の水門を見ると

水門2
[ 水門 ]

この日は水門の堰が閉じられ

水抜きは止まっていました

水門1
[ 水門の堰 ]

徐々に水位を下げているのでしょうか

カモシカ園の台風被害はまだ手付かずで

カモシカさんたちには近づけません

カモシカ園1 カモシカ園2

いつものホワイトボードです

カモシカさん達の食べる木が

すべて常緑樹に変わりました

訪問した日は気温は6℃と寒かったです

カモシカ園3

ホワイトボードにはまだマヤ姉さんの訃報が貼られています

カモシカ園4

今年はカモンくんとさつきちゃんのお見合いは

行われていないみたいです

台風被害の復旧が優先されたのかな

カモシカ園5

この日もカモンくんには逢えませんでしたが

さつきちゃん1

さつきちゃんの姿は

どうにかズームで捉えることができました

さつきちゃん2

[ 食事中のさつきちゃん ]

さつきちゃん3

ひらひらとした幅広い大きな葉っぱはカクレミノ

左の小さな実がいっぱいついているのはリンボクのようです

さつきちゃん4

[ さつきちゃん ]

さつきちゃん5

さつきちゃん、貫禄が出てきました♪

もうりっぱな女王さまみたいです

さつきちゃん6

カモシカ園をあとにして

北岸の八ツ橋を見に行くことにしました

長谷池7

長谷池8

こうやって対岸(東岸)の木々を見てみると

結構松の木も多いことに気が付きます

長谷池9

長谷池10

北岸へやって来ました

長谷池11

水を抜いて水位を下げているので

長谷池12

八ツ橋の辺りには水がありません

長谷池13

西日本豪雨のときに流れ込んだ土砂で

一時は八ツ橋の殆どが埋まっていたのですが

長谷池14

土砂の除去工事により

今ではこの程度まで橋が姿を見せています

長谷池15

でもまだまだ土砂は多く

さらなる除去工事が今後行われると思っています

長谷池16

工事をするのなら

池の水を抜く冬場が一番適していますが

次の訪問時には工事が始まっているのでしょうか

長谷池17

明日はこの百二十六回目の訪問記の最終話です


今日の雲ひとつ無い夕暮れ

夕暮れ1

夕暮れ2

 掲示板      メール       







関連記事


プロフィール

ジュラ430

Author:ジュラ430
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧

Vitalabolove 店長の雑記帳


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR