全577ページ
最近の記事
2017.04.23  
森林植物園訪問 八十五回目 その6 天津の森
2017.04.22  
森林植物園訪問 八十五回目 その5 つつじ・しゃくなげ園
2017.04.21  
森林植物園訪問 八十五回目 その4 ロックガーデンの2
2017.04.20  
森林植物園訪問 八十五回目 その3 香りの丘~ロックガーデン
2017.04.19  
森林植物園訪問 八十五回目 その2 多目的広場の2

2017.04.23     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十五回目 その6 天津の森

空4.JPG

今日は真っ青なお空が広がる快晴の一日♫

全国的に春の行楽日和になったそうですね

気温はどちらかと言うと低目で

朝夕はちょっと暖房が欲しいような肌寒さでした

空1.JPG

北海道は真冬のような寒さだったそうですね

お気の毒です

農作物などに悪い影響が出ないことをお祈りいたします

空2.JPG

今週の後半くらいから不安定だったお天気が安定するようです

新緑が綺麗な季節になり

GWは外出が楽しくなりそうですね

空3.JPG

今日も植物園訪問記の続きで

しゃくなげ園を出て天津の森へ向かいます

園内路.JPG

冬枯れしていたモミジの木の枝が

新芽の芽吹きで赤く見えるようになりました♫

もう直ぐ赤から黄緑へ変わっていきます

道端にはこんなお花たちが咲いていました

カキドオシ 170423.JPG

[ 垣通し(カキドオシ) ]

シソ科の多年草「垣通し(カキドオシ)」

古くから生薬や山菜として知られる野草です

葉っぱを煎じたり薬用酒にして用いると

利尿、消炎薬として黄疸、胆道結石、腎臓結石、膀胱結石などに効果があり

血糖値を下げる効果もあり糖尿病にも用いられるとか

カキドオシとタチイヌノフグリ 170423.JPG

カキドオシのお花のそばでは

小さな青いお花が咲いています

タチイヌノフグリ 170423.JPG

[ 立ち犬の陰嚢(タチイヌノフグリ) ]

ヨーロッパが原産のオオバコ科クワガタソウ属の「タチイヌノフグリ」

帰化植物で星の瞳のお仲間ですが

星の瞳の数分の一の大きさしか無い小さなお花を咲かせます

オランダミミナグサ 170423.JPG

[ オランダミミナグサ ]

こちらもヨーロッパ原産の帰化植物で

ナデシコ科の「オランダミミナグサ」

スズシロソウ1.JPG

木陰にこんなお花が咲いていますが

私はこの植物園でしか見たことのない野草なんです

アブラナ科の多年草「スズシロソウ」

スズシロソウ2.JPG

[ 蘿蔔草(スズシロソウ) ]

ダイコン(蘿蔔)のお花に似ているので付けられた名前だそうです

谷筋などの急傾斜地や崖などに生えるそうなので

日ごろ見かけなくても仕方ありません

シアトルの森 170423.JPG

[ シアトルの森 ]

シアトルの森を通り抜け天津の森へ着きました

天津の森1.JPG

[ 天津の森 ]

天津の森2.JPG

天津の森へやって来たのは

このお花たちを見たかったから

オウザンモクレン1.JPG

最初はモクレンのお花のお仲間

オウザンモクレン2.JPG

白色と紫色が美しいお花を咲かせるモクレン科の「黄山木蓮(オウザンモクレン)」

オウザンモクレン4.JPG

今年はお山のハクモクレンのお花が

強風や雨などに痛みつけられあまり綺麗じゃなかったので

植物園で綺麗なお花を見たかったのです

オウザンモクレン5.JPG

オウザンモクレンもそろそろ花期が終わろうとしていました

これから花盛りになるのがこのお花

ハナモモ1.JPG

[ 花桃(ハナモモ) ]

今年は開花が遅いです

ハナモモ2.JPG

お陰で見頃のお花に出会えました

ハナモモ4.JPG

ハナモモ5.JPG

[ ハナモモ ]

ハナモモ6.JPG

もう一つ見たかったのがこのお花

シナミズキ1.JPG

何処かで見たことのあるようなお花でしょう

前回ご紹介したトサミズキのお花によく似ています

シナミズキ2.JPG

こちらは中国原産の「支那水木(シナミズキ)」のお花

小さなお花が集まって房状に咲くところはトサミズキと一緒

シナミズキ3.JPG

トサミズキより小さなお花の数が多いみたいで

房にボリュームがあります

またトサミズキのようには雄しべの葯が赤く無いので見分けられます

シナミズキ4.JPG

[ シナミズキ ]

でも一番の違いは香り

トサミズキやヒュウガミズキはほとんど香りがないですが

このシナミズキは別名「香りミズキ」と呼ばれるように

いい香りがするのです♫

ヒヨドリ 170423.JPG

[ 鵯(ヒヨドリ) ]

天津の森で出会った鳥さんをご紹介

いつも賑やかなヒヨドリさんと

ホオジロ 1.JPG

[ 頬白(ホオジロ)の雌 ]

日頃は警戒心の強いホオジロさんですが

ホオジロ 2.JPG

このホオジロのお嬢さんは

なかなか好奇心が強くて

ホオジロ 3.JPG

私の目の前を行ったり来たり

ホオジロ 4.JPG

近くに巣でもあって

私を追い払おうとしてたのかしら

ホオジロ 5.JPG

ホオジロ 6.JPG

[ ホオジロ ]

明日は長谷池へ向かいます

夕暮れ.JPG

今日も雲のない夕暮れでした

 掲示板      メール       









関連記事
スポンサーサイト

2017.04.22     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十五回目 その5 つつじ・しゃくなげ園

空1.JPG

今日も朝から晴れて良いお天気になりましたが

風が強く、まだ散っていなかったお山の桜のお花を散らしていました

空3.JPG

お山の緑がだんだん色濃くなり

道端の野草も随分伸びてきました

もうすぐ五月ですものね

空4.JPG

今日も植物園訪問記の続きです

山野草のお花の咲くロックガーデンを後にして

つつじ・しゃくなげ園へ向かいました

ハヤトミツバツツジ1.JPG

ツツジのお花が思ったほど咲いていません

遅れている物もありますが

蕾の数も今年は少なそうです

ハヤトミツバツツジ2.JPG

[ ハヤトミツバツツジ ]

咲いていたのは数品種だけ

トサミツバツツジ1.JPG

[ トサノミツバツツジ ]

それでもミツバツツジのお仲間はまだ元気でした

トサミツバツツジ2.JPG

蕾の数が少なのは

花芽が出来る秋の天候が不順だったからでしょうか

アカヤシオ1.JPG

このお花は私の好きな「アカヤシオ」のお花なんですが

お花の数が数えるほどしか咲いていませんでした

アカヤシオ2.JPG

ツツジのお花にも裏年があるのでしょうか?

中にはこんな元気なお花もありました

ヒカゲツツジ1.JPG

[ ヒカゲツツジ ]

小ぶりの黄色のお花を咲かせるヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ3.JPG

名前の通り木陰に咲くツツジです

つつじ園のお花はもう一つでしたが

お隣のしゃくなげ園ではシャクナゲが咲き始めていました

ツクシシャクナゲ 1.JPG

檜林の木陰に広がるしゃくなげ園

ちょっと薄暗い林の中で

ピンクのお花が浮かぶように咲いています

ツクシシャクナゲ 2.JPG

この時期咲くのはアズマシャクナゲだと思っていたのですが

ツクシシャクナゲのお花も咲き始めていました

ツクシシャクナゲ 3.JPG

[ ツクシシャクナゲ ]

ツクシシャクナゲ 4.JPG

シャクナゲもツツジ科ツツジ属のお花

ツツジのお仲間なのでお花は一つ一つは良く似ていますね

ツクシシャクナゲ 5.JPG

この植物園のシャクナゲは全部で4000株以上あるそうですが

ここ数年は蕾のつかない木が目につくように見えます

アズマシャクナゲ 1.JPG

同じように思っている方も多いと見え

「今年もダメね」なんて声が聞こえてきます

アズマシャクナゲ 2.JPG

雨の少ない瀬戸内気候にはあまり向いていないのでしょうか

アズマシャクナゲ 3.JPG

復活してくれることを願っています

数年前のあの感激をもう一度味わいたいです

アズマシャクナゲ 4.JPG

次回訪れたときにはもう少しお花の数が増えていてくれることを祈ってます

この後しゃくなげ園を後にして天津の森へ向かいました

そのお話はまた明日

夕暮れ2.JPG

今日の夕暮れ

夕暮れ3.JPG

日曜日もいいお天気の予報です♫

 掲示板      メール       









関連記事

2017.04.21     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十五回目 その4 ロックガーデンの2

空1.JPG

今日もスッキリしないお天気

午後遅くなってからやっとお日様が出てくれたけれど

明日からの週末は良いお天気になるというお天気予報に期待したいです

空2.JPG

やっぱり新緑もよく晴れた日のほうが綺麗だよね~

淡いパステルカラーに包まれた木々を抜けてくる春風が

甘い香りとともに頬を撫ぜていく素敵な季節♫

空3.JPG

今日も昨日に続き植物園のロックガーデンからの話題です

最初はこのお花

バイモ1.JPG

ユリ科のお花「貝母(バイモ)」

中国原産のお花で日本へは薬草として渡来しました

鱗茎をせきどめや止血、解熱などの薬用に利用するそうです

バイモ2.JPG

別名「編笠百合(アミガサユリ)」

お花の中の模様とお花の形から付いた名前

バイモ3.JPG

貝母の名前は中国名で

鱗茎の形が二枚貝の貝殻に似ているからだそうです

今ではお庭のお花として愛好されていますね

バイモ4.JPG

[ 貝母(バイモ)=編笠百合(アミガサユリ) ]

このバイモも春の妖精さん

トキワイカリソウ1.JPG

次はとてもユニークな形のこのお花

メギ科の常緑多年草「常盤碇草(トキワイカリソウ)」

トキワイカリソウ2.JPG

葉っぱが常緑なので「常盤(トキワ)」

お花の形が船の碇(イカリ)に似ているからトキワイカリソウ

トキワイカリソウ3.JPG

葉っぱの干したものは「淫羊霍(いんようかく)」と言う生薬になり

昔から強壮・強精剤として有名だそうです

因みに常緑性なので春の妖精とは呼べません


トキワイカリソウ4.JPG

ガラス細工のUFOキャッチャーみたいなお花ですね(笑)

複雑な構造のお花で

花弁と同じ色の外萼4枚、内萼4枚

そして細長い管状の距を持つ花弁4枚からできています

トキワイカリソウ5.JPG

[ 常磐碇草(トキワイカリソウ) ]

トキワイカリソウ6.JPG

ちょっとオダマキのお花に似ていますが

オダマキはキンポウゲ科のお花で全然違う種になります

ラナンクルス1.JPG

続いては可愛い黄色のこのお花

ヨーロッパから西アジアが原産のキンポウゲ科の「ラナンクルス・フィカリア」

ラナンクルス2.JPG

このお花の園芸種は「姫リュウキンカ」の名前で広く流通していますが

日本在来種のリュウキンカのお花とは別種だそうで

この植物園では学名で表示しているそうです

ラナンクルス3.JPG

[ ラナンクルス・フィカリア ]

ラナンクルス4.JPG

続いてはこのロックガーデンの新参者

ケシ科の多年草「山吹草(ヤマブキソウ)」

ヤマブキソウ1.JPG

今年初めて見ました

お花が山吹のお花に似ているので付いた名前だそうですが

惜しいことにお花がまだ咲いていません

ヤマブキソウ2.JPG

[ 山吹草(ヤマブキソウ) ]

続いてのお花もユニークな形のお花

エンレイソウ1.JPG

メランチウム科(旧ユリ科)の多年草「延齢草(エンレイソウ)」

三枚の葉っぱが輪生しその中心にお花が咲きます

エンレイソウ2.JPG

[ 延齢草(エンレイソウ) ]

エンレイソウ3.JPG

お花には花びらがなくて三枚の萼と雄しべや雌しべで出来ています

エンレイソウ4.JPG

エンレイソウの実は熟すと美味しく食べられるんだとか

ううぅぅ、食べてみたい(笑)

オオバナエンレイソウ1.JPG

こちらは「大花の延齢草(オオバナノエンレイソウ)」

本州北部から北海道の山野に自生するお花で

北海道大学の校章のデザインに使われているそうです

オオバナエンレイソウ2.JPG

エンレイソウと違い白くて大きな花びらを持ちます

オオバナエンレイソウ3.JPG

[ 大花延齢草(オオバナノエンレイソウ) ]

オオバナエンレイソウ4.JPG

最後はこのお花

前回はあんなにお花盛りだったカタクリのお花

カタクリ 1.JPG

もうほとんどお花は終わっていました

カタクリ 2.JPG

[ 片栗(カタクリ) ]

探してやっと数輪だけ咲いているお花を見つけました

カタクリ 3.JPG

カタクリのお花は花期が短いですね

カタクリ 4.JPG

明日はつつじ・しゃくなげ園からお届けします

今日の夕暮れ

夕暮れ3.JPG

やっと久しぶりに夕焼けを見ることが出来ました

夕暮れ4.JPG

夕暮れ6.JPG

素敵な週末をお過ごしください

 掲示板      メール       









関連記事

2017.04.20     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十五回目 その3 香りの丘~ロックガーデン

空 1.JPG

今日もお天気予報に騙されてしまいました

晴れるっていう予報だったのに

お日様は姿を見せず一日中どんより曇ったまま

明日も一日曇りの予報だけれど、どうなるのでしょう ・ ・ ・

空 2.JPG

桜はお花が終わると葉桜に変わり

お花の咲かない木々も萌えて

お山は一気に新緑に覆われ始めました

新緑2.JPG

昨日のお山の様子ですが

もう冬枯れの光景はどこにもありません

柔らかな緑がお山を彩っています

植物の生命力にはいつも驚かされますね

新緑.JPG

今日も植物園訪問記の続きです

鳥見のあと多目的広場を降りて香りの丘へ向かいました

そろそろあのお花が咲く頃だと思って行ったのですが

ハナカイドウ1.JPG

[ 花海棠(ハナカイドウ) ]

まだ少し早かったみたいで蕾の状態でした

そのお花とはバラ科の「花海棠(ハナカイドウ)」のこと

ハナカイドウ2.JPG

やっと一輪だけお花を咲かせている木を見つけました

これは一週間前のお話なので

きっと今頃はいっぱい咲いている頃でしょうね

オウバイ1.JPG

こちらのお花もまだ早すぎたみたいです

これは雲南黄梅(ウンナンオウバイ)のお花

オウバイ2.JPG

家の近所のウンナンオウバイのお花はとっくに咲いているのですが

この植物園は寒いからか

半月ほど遅れて咲き出しています

オウバイ3.JPG

[ 雲南黄梅(ウンナンオウバイ) ]

香りの丘に植えられているけれど

香りはなかったと思うのですが ・ ・ ・

ジンチョウゲ1.JPG

こちらは今が盛りとお花を咲かせ

辺に甘い香りを放っている

沈丁花(ジンチョウゲ)のお花

ジンチョウゲ2.JPG

[ 沈丁花(ジンチョウゲ) ]

このお花は香りの丘にふさわしいお花ですね

香りの丘では期待したお花がまだ咲いていなかったので

長居は無用と南エリアのロックガーデンへ急ぐことにしました

メタセコイア並木6.JPG

晴れていると気持ちがいいですね~

メタセコイア並木7.JPG

[ メタセコイア並木 ]

次回来る頃にはメタセコイアも芽吹いてるかな

ロックガーデン1.JPG

[ ロックガーデン ]

以前ご紹介したこともありますが

植物園のロックガーデンは山の斜面を利用した山野草のための植栽地です

ロックガーデン2.JPG

この敷地内に50数種類の山野草が植えられています

数株しか無いものから数十株の群生を作っているものまでいろいろ

ニリンソウ 1.JPG

[ 二輪草(ニリンソウ) ]

この間までいっぱいのお花を咲かせていたユキワリイチゲや

キクザキイチゲにミスミソウ、セリバオウレンなどのお花はもう終わり

今はこのニリンソウが見頃を迎えようとしています

ニリンソウ 3.JPG

[ 二輪草(ニリンソウ) ]

ニリンソウ 4.JPG

まだ二輪のうち片方しか咲いていないニリンソウが多いです

ニリンソウ 5.JPG

ニリンソウのお花は最初に咲いた大きなお花でも花径が2センチほどと小さく

後から咲く二輪目は更に小さく1.5センチ程しかありません

ニリンソウ 6.JPG

キンポウゲ科のお花らしく

シベの数が多く繊細で綺麗ですね

ニリンソウ 7.JPG

ニリンソウのお花より少し遅れて咲き出すのがこのお花

一輪草(イチリンソウ)

イチリンソウ1.JPG

花茎の先に花を一輪咲かせることから、イチリンソウ(一輪草)というそうですが

ユキワリイチゲやキクザキイチゲのお花も花茎の先に一輪のお花を咲かせるのに

何故これだけイチリンソウと名づけられたのでしょうね

イチリンソウ2.JPG

イチリンソウのお花はまだ蕾で咲いているお花は見当たりませんでしたが

花開くと花径がニリンソウの倍の4センチとなかなか綺麗なお花を咲かせます

イチリンソウ3.JPG

[ 一輪草(イチリンソウ) ]

ちょっと変わったこんな春の妖精のお花も咲いてます

ハルトラノオ1.JPG

タデ科の野草「春虎の尾(ハルトラノオ)」

別名「いろは草」

ハルトラノオ2.JPG

「いろは草」の名前は

春早く咲くので、いろは47文字の

最初の"いろは"に例えた名前だそうです

ハルトラノオ3.JPG

[ 春虎の尾(ハルトラノオ) ]

タデ科のお花は私の好きなお花の人つです

ヒトリシズカ 1.JPG

続いては「静御前(シズカゴゼン)」が舞っている姿に例えて付けられた名前の

一人静(ヒトリシズカ)

高さが10センチほどの小さなセンリョウ科の多年草

ヒトリシズカ 2.JPG

センリョウのお花も変わっているけれど

この一人静(ヒトリシズカ)のお花も変わっていますね

ヒトリシズカ 3.JPG

[ 一人静(ヒトリシズカ) ]

このお花も春の妖精さんです

おまけはこのロックガーデンで一番早くから咲き出した

節分草(セツブンソウ)の実

セツブンソウ 実.JPG

[ 実をつけた節分草(セツブンソウ) ]

ロックガーデンのお話は明日も続きます

ちょっとしたおまけ写真

散る1.JPG

この間の春の嵐の後の情景

枝垂れ八重桜の下には

花筵が出来ていました

散る2.JPG

そしてツバキの木の下には

見事な落花の光景が

散る3.JPG

 掲示板      メール       









関連記事

2017.04.19     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十五回目 その2 多目的広場の2

空1.JPG

今日も朝から良いお天気になりました

風は今日もあったけれど

気温は少し下がって爽やかな一日

空2.JPG

初夏を思わせる気温は少し緩んで

過ごしやすかったです

いつの間にやら4月も残り10日ほどになりました

春らしい日は少なかったように思えるのですが如何です?

空3.JPG

何故か時間ばかりが早く過ぎていき

し残したことがいっぱいの春でした

お天気に恵まれなかったのも原因かも

多目的広場7.JPG

さて今日も植物園訪問記の続きです

訪問したのは先週の木曜日(13日)

昨日は多目的広場の桜のお花のお話をしましたが

もう一つお花が残っています

オオシマザクラ 1.JPG

昨年にはなかった?こんな真っ白な桜が咲いていました

白妙のような八重ではなくて一重のお花ですが

桜のお花の中では大きな方だと思います

オオシマザクラ 2.JPG

名札が付けられていましたが

名前を見てビックリ

オオシマザクラ 3.JPG

オオシマザクラと書かれていましたが

私の知っている大島桜とは少し違いました

オオシマザクラ 4.JPG

私の知っている大島桜のお花も割りと大きなお花ですが

こんなに大きくはないです

これは大島桜の園芸品種でしょうか

オオシマザクラ 5.JPG

木自体はまだ3m足らずの若い木ですが

なかなか綺麗なお花の桜です♫

オオシマザクラ 6.JPG

[ オオシマザクラ? ]

来年もちゃんと咲いてくれると良いのだけれどね

多目的広場の芝生が青々としてきました

多目的広場6.JPG

その広い芝生の上には

いろんな鳥さんがいます

ツグミ 1.JPG

[ 鶫(ツグミ) ]

まだ北へ帰っていない冬鳥のツグミさん

ツグミ 2.JPG

毎年こんなに遅くまで帰らずにいたっけ

ツグミ 3.JPG

翼の先を少し下げて胸を張り

まるで「気をつけ!」をしているみたい(笑)

ツグミ 4.JPG

[ ツグミ ]

スズメさんぐらいの大きさの

こんな鳥さんもいました

カシラダカ 1.JPG

[ 頭高(カシラダカ) ]

カシラダカさんも冬鳥さんですが

まだ当地に残っていました

カシラダカ 2.JPG

お仲間のホオジロさんによく似ていますが

ホオジロさんの胸の色がオレンジ色なのに対し

カシラダカさんは白いです

カシラダカ 3.JPG

今年の冬によく出会った鳥さんの一つです

カシラダカ 4.JPG

[ カシラダカ ]

続いての鳥さんは一年中居る留鳥の河原鶸(カワラヒワ)さん

カワラヒワ 1.JPG

何故かこの度の訪問ではあちらこちらで

このカワラヒワさんの群れに出会いました

カワラヒワ 2.JPG

カワラヒワさんはアトリ科の鳥さんで

大きく丈夫な嘴が特徴

カワラヒワ 3.JPG

[ 河原鶸(カワラヒワ)の雄 ]

カワラヒワ 4.JPG

[ カワラヒワの雌 ]

カワラヒワさんは主に草木の種子を食べます

だから地面に降りていることが多いですね

カワラヒワ 5.JPG

こんなにカメラのお相手をしてくれるとは意外でした

普段だと直ぐ逃げちゃうのにね

カワラヒワ 6.JPG

カワラヒワさんの写真を撮り終えて

次に移動しようとした時

カワラヒワ 7.JPG

こんな子に出会いました

これは今回最大のサプライズだったかも

ベニマシコ 1.JPG

この赤い鳥さんはアトリ科の「紅猿子(ベニマシコ)」さん

ネットで存在は知っていたのですが

ベニマシコ 2.JPG

[ ベニマシコ ]

目にするのは初めての鳥さんなんです

夏は北日本で過ごし冬は本州の南で過ごす漂鳥

この辺りだと冬だけで会える冬鳥さん

ベニマシコ 3.JPG

会ってみたいと思っていたけれど

まさか実現するとは思っても見ませんでした

ベニマシコ 4.JPG

バードウォッチングをされる人は

特にこの赤いベニマシコさんが好きみたい

ベニマシコ 5.JPG

イネ科などの草の種子を好むそうですが

このときは枯れたヨモギの実をついばんでいました

ベニマシコ 6.JPG

こんなに警戒心の少ない鳥さんなのでしょうか

私のことを見ながら

のんびりとお食事をしていました

ベニマシコ 7.JPG

[ ベニマシコ ]

いやぁ~、この出会いは嬉しかったです♫

訪問記は明日も続きます

夕暮れ.JPG

今日の夕暮れ

この所晴れた日は夕暮れ時に雲がなく

綺麗な夕焼けを見ることができません

 掲示板      メール       









関連記事


プロフィール

ジュラ430

Author:ジュラ430
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧

Vitalabolove 店長の雑記帳


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR