FC2ブログ
 全749ページ
最近の記事
2020.02.16  
散歩で出会った小鳥たち その1
2020.02.12  
石井ダム 珍しいお客様?
2020.02.09  
森林植物園訪問 百五十一回目 その6 長谷池~園内路
2020.02.06  
森林植物園訪問 百五十一回目 その5 長谷池~カモシカ園
2020.02.02  
森林植物園訪問 百五十一回目 その4 ロックガーデン~天津の森

2020.02.16     カテゴリー :   

散歩で出会った小鳥たち その1

空1

なかなか良いお天気が続きません

例年と比べ冬場の日照時間が少ないようです

農作物に影響が出なければ良いのですが

空2

今日は朝からずっと雨が降ったり止んだり

気温は高目なので

お庭の雑草の生育がいつもの年より早いように感じます

お山1

お山はまだまだ冬枯れ状態

お山2

あと二週間足らずで三月

気象庁の季節区分では春は三月~五月なので

もうすぐ冬が終わります

お山3

そんな冬の終わりのお散歩で出会った鳥さんたちをご紹介

お山4

最初はこの小鳥さんから

ヤマガラ1

「山の雀」と書いて「ヤマガラ(山雀)」

ヤマガラ2

ヤマガラさんは年中お山で見かける留鳥さん

ヤマガラ3

ヤマガラさんはスズメより少し小さく

比較的警戒心の少ない小鳥さん

ヤマガラ4
[ 山雀(ヤマガラ) ]

そろそろ恋の季節

「ツツビーッ、ツツビーッ」っと囀りを聞かせてくれます

ヒヨドリ
[ 鵯(ヒヨドリ) ]

続いては、居ることは居るのですが

例年より姿を見せ無いヒヨドリさん

何処に行っているのでしょうね

アオジ1

この子は当地では冬鳥の「青鵐(アオジ)」さん

アオジ2

夏場は涼しい北海道やお山の上で繁殖し

冬場は本州の南部に移動してくる漂鳥のアオジさん

アオジ3
[ 青鵐(アオジ) ]

やっと今年も会うことが出来ました

メジロ1

こちらはご存知、目の周りが白い(アイリング)

目白(メジロ)さん

メジロ2

メジロさんは留鳥で一年中見かけます

普段は群れで行動するけれど

メジロ3

この季節になると

ツガイで行動するようになります

メジロ4
[ 目白(メジロ) ]

メジロ5

メジロさんはスズメの半分ほどの体重しか無い

小さな小鳥さん

メジロ6

時々、家のお庭にもやってきます

メジロ7

メジロさんもあまり人間を怖がりません

ジョウビタキ雄1

川辺で見つけたのは

冬鳥の「尉鶲(ジョウビタキ)」の男の子

ジョウビタキ雄2

今年は冬鳥さんが少ないけれど

このジョウビタキさんは

例年通りよく見かけます

ジョウビタキ雄3
[ 尉鶲(ジョウビタキ)の雄 ]

ジョウビタキ雄4

ジョウビタキ雄5

ジョウビタキの男の子とは

この冬に何度も出会ったので

ジョウビタキ雄6

また別の機会にもご紹介しますね

ジョウビタキ雄7

ジョウビタキ雄8
[ ジョウビタキ ]

きれいに咲いた紅梅のお花

梅1

その紅梅の木で珍しい?子に会いました

梅2

それはこの子

鶯(ウグイス)さん

梅に鶯
[ 梅に鶯(ウグイス) ]

昔から「梅にウグイス」なんて言われているけれど

それは「梅にメジロ」の間違いだそうで

メジロさんは甘いお花の蜜が好物だけど

ウグイスはお花の蜜は食べないからだとか

花札の図柄で梅のお花にとまっているのはメジロ

梅にウグイスがとまっているのは珍しいことみたい

夕暮れ


2/13のお月様
二十夜の月
[ 二十夜の月 更待月 ]

 掲示板      メール       








関連記事
スポンサーサイト



2020.02.12     カテゴリー :   

石井ダム 珍しいお客様?

空1

今日は朝からどんよりとしたお空で

午後遅くには雨が降り始めました

暫くは不安定なお天気が続くとのこと

気温も上がったり下がったりするそうです

空2

今年は春一番が吹くのが早いかも

明日は当地でも最高気温が17℃になる予報が出ています

石井ダム1

今日はそんな春めいた日の石井ダムでのお話

まだダムの周囲の木々は冬枯れの状態

石井ダム2
[ 湖底遊歩道 ]

ダムが出来て間のない十年ほど前は

この遊歩道からダムの湖面がよく見えていたのですが

今では湖畔にシナサワグルミが群生し

遊歩道からの視界を遮るようになりました

石井ダム3

冬枯れのこの時期だけ葉が落ちて

少し視界がひらけます

石井ダム4
[ 視界を遮るシナサワグルミの枝 ]

ダムを訪れる冬鳥さんを観察するには

丁度良いのかな

ただオートフォーカスしか無いコンデジには

邪魔な枝が困りものですが・・・

石井ダム5

そんなシナサワグルミの木々が途絶えた湖畔が少しあり

そこから撮った鳥さんたちをご紹介

石井ダム6

最初はこの子たち

ヒドリガモ1

カモのお仲間の「緋鳥鴨(ヒドリガモ)」さん

ヒドリガモ2
[ ヒドリガモ ]

この時期だけ見られる

冬の渡り鳥さん

ヒドリガモ3

そろそろカップルが誕生する時期みたい♫

ヒドリガモ4
[ ヒドリガモのカップル ]

続いてのこの子は

ホシハジロ1

カップルに成れずに

ひとり不貞腐れている(笑)「星羽白(ホシハジロ)」の男の子

ホシハジロ2

以前はもう少し沢山いたのだけれど

この日はこの子だけ

ホシハジロ3
[ ホシハジロの雄 ]

こちらも単独行動をしていた

「真鴨(マガモ)」の男の子

マガモ1
[ マガモの雄 ]

マガモも冬鳥さん

マガモ2

マガモさんはカモの中では割と大柄なカモさん

マガモ3

次のこちらは

冬鳥さんじゃなくて一年中見かける留鳥の「軽鴨(カルガモ)」さん

カルガモ
[ カルガモ ]

この子は男の子?女の子?

カルガモさんは見分け難いです・・

カルガモ+キンクロハジロ

カルガモさんの奥に居るのは

冬鳥の「金黒羽白(キンクロハジロ)」の女の子?

キンクロハジロ
[ キンクロハジロの雌? ]

そしてこの日一番のスター登場(笑)

オシドリ1

このカラフルな鳥は

カモ科の「鴛鴦(オシドリ)」さん

オシドリ2
[ オシドリ ]

手前のグレーの地味な姿の鳥さんは

オシドリの女の子

オシドリ3

そしてカラフルなのがオシドリの男の子

オシドリ4

昨年の冬もこのダムを訪れていたのだけれど

昨年は湖底遊歩道に降りられなかったので

あまり写真は撮れませんでしたが

オシドリ5

やっと今年は写真を撮れました~♫

仲の良い夫婦を「おしどり夫婦」と呼ぶ

あのオシドリさんです

オシドリ6

でも実態はそんなに仲睦まじくなくて

毎年パートナーを変えるんだとか

アチャ~

コイ1

最後に鳥さんじゃなくて

ダムに住むお魚のお話

コイ2

ダムには大きく育った鯉さんが居ます

コイ3
[ 鯉(コイ) ]

お天気の良い日は

浅瀬に出てきます

コイ4

食べ物が豊富なのか

よく太って貫禄十分(笑)

70~80cmはありそう

そんなコイさんの中に見慣れないお魚を発見!!

新種のお魚?外来魚?

コイ5

ヒレが大きくて全長が1mほどありそう

いろいろ調べてみたら

コイの一種「ヒレナガニシキゴイ」のようです

近年作り出された品種

ダムが完成した時コイなどが放流されるそうだけど

その時放流されたコイかな


2/10のお月様
十七夜の月
[ 十七夜の月 立ち待ち月 ]

2/11のお月様
十八夜の月
[ 十八夜の月 居待ち月 ]

今夜は雨でお月様は見えず・・・

 掲示板      メール       








関連記事

2020.02.09     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 百五十一回目 その6 長谷池~園内路

空2

今日はいいお天気だったけれど

気温は上がらず寒い一日

立春までは暖かい日が多かったのに

その後は平年より平均気温の低い日が増えたみたい

空1

今後のお天気予報では

今週は暖かい日が多いけれど

来週(17日以降)はまた寒くなるそうな

空3

暖かくなったり寒くなったり

そんなことを繰り返しながら

春に向かうんだよね

長谷池6

今日は植物園訪問記(1/21)の最終話

カモシカ園を後にして

また長谷池に戻ってきたところから

長谷池7

この日は池の周遊路の一部が

通行止めになっていて

移動がちょっと不便だったけれど

長谷池8

それは池の畔に植えられている

コナラの木の伐採作業のためだったのです

長谷池9

以前もお話したことがあるけれど

園内のコナラの木々の中には

「ナラ枯れ病」に罹っているものが増えていて

冬場の内に伐採する必要が出てきました

(「ナラ枯れ病」についてはココをクリック)

長谷池10

黄色の丸印は伐採作業中の方たち

長谷池11

樹齢の高い太い木ほど被害が出やすいそうです

六甲山系ではコナラの被害が多く心配しています

カラマツ林
[ 落葉松林(カラマツ林) ]

今年は真冬になっても

まだカラマツの葉が残っていました

園内路1

そろそろバス停に戻る時間ですが

一昨年の西日本豪雨の被害で通行止めとなっていた散策路

昨年の秋にやっと復旧したので試しに歩いてみました

園内路2

ちょっと遠回りになるけれど歩いてみようというこの選択が

この子と出会える幸運を運んでくれました

ビンズイ1

この子はセキレイ科の「ビンズイ」さん

ビンズイ2

漢字で書けば「便追」

名前の由来は鳴き声が「ビンズイィ」と聞こえるからだそうです

ビンズイ3

夏場は標高1000m以上のお山で繁殖し

冬場は低地に降りてくる「漂鳥」さん

ビンズイ4
[ 便追(ビンズイ) ]

まだこの植物園でしか出会ったことのない鳥さんで

今回で通算四回目の出会い

こんなにちゃんと写真を撮れたのは初めて♫

ビンズイ5

大きさはスズメさんほどかな

なかなか可愛い小鳥さんでした

園内路3

これでこの日出会った鳥さんは6種類となりました♪

イイギリ
[ 飯桐(イイギリ)の実 ]

イイギリの実がまだ鳥さんに食べられずに残っていました

今年はやっぱり鳥さんが少ないのかな

あじさい坂2
[ あじさい坂 ]

あじさい坂3

冬至から約一ヶ月

日暮れが遅くなりました

正門前11

午後四時近くになっても

まだこんなに明るいです

正門前12

今年最初の植物園訪問でしたが

いかがでしたか

正門前13

これで百五十一回目の訪問記を終わります

正門前14

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました

正門前15

もうすぐ春の妖精さんたちの季節が訪れます

その時はまたお付き合いください

2/8の夕暮れ
夕暮れ

夕暮れ1


2/9の夕暮れ
夕暮れ2

お月様の写真が貯まりました

2/6の月
十三夜の月
[ 十三夜の月 ]

2/7の月
十四夜の月
[ 十四夜の月 ]

2/8の月
十五夜の月
[ 十五夜の月 ]

今日 2/9の月
十六夜

今日(2/9)のお月様は十六夜の月
満月です
十六夜の月
[ 十六夜の月 満月 ]

 掲示板      メール       








関連記事

2020.02.06     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 百五十一回目 その5 長谷池~カモシカ園

空

今日は寒かったですね

一日中チラチラと雪片が舞っていました

初氷に初雪~♪

明日の金曜日の朝はもっと寒くなるみたい

予報では-2℃まで下がるそうです

長谷池へ1
[ シアトルの森 ]

今日も植物園訪問記(1/21)の続きです

長谷池へ2

天津の森でソシンロウバイを見たあと

いつものようにシアトルの森から

長谷池に向かって斜面を降りていきます

長谷池へ3

この斜面では運が良ければ

ミヤマホオジロさんやカシラダカさんなど

冬鳥さんに会えるのですが

今回は会えずじまい、残念・・・

長谷池1
[ 長谷池 ]

斜面を下り長谷池の北岸へやってきました

長谷池2
[ 北岸の八つ橋 ]

長谷池3

長谷池は十月頃から二月いっぱい

池の水を抜き池の底を天日に当てます(掻い掘り)

長谷池4

Wikipediaによると

「池の底を空気にさらして微生物による分解を促進することで

水質を浄化する効果がある」そうです

またこうすることによって

睡蓮などの生育が良くなるみたい

長谷池5

長谷池の南にあるカモシカ園にやってきました

いつものホワイトボードです

カモシカ園1 カモシカ園2

流石にこの季節には

カモシカさんたちが食べる木の葉は

常緑樹の葉に変わりました

因みにココに書かれている「カシ」は

ブナ科コナラ属の中の常緑樹全般を指します

例えばシラカシやアカガシ、ウラジロガシなど

この日は気温も低く時々小雨がぱらつくなど

お天気には恵まれませんでした

カモシカ園3

訪れた時がお正月からかなり日にちが経っていたため

ホワイトボードになにか貼られていたようですが

もう外された後でした・・・

カモシカ園4

気を取り直して

カモシカさんを探しますが

カモン君のエリアではカモン君には会えず

サツキちゃん1
[ サツキちゃん ]

サツキちゃんのエリアで

やっとサツキちゃんに会えました

サツキちゃん2

冬毛で少しふっくらとしたサツキちゃん

ひとまわり大きく堂々として見えます

サツキちゃん3
[ サツキちゃん ]

早いものでサツキちゃんは今年の五月で

満五歳になります(カモシカ園に来てもうすぐ四年)

サツキちゃん4

サツキちゃんは

丁度、お食事の最中

サツキちゃん5

今食べているのは

ホワイトボードに書かれていた「カシ(シラカシ)」かな?

サツキちゃん6

サツキちゃん7

ちょっとご挨拶が遅れたけれど

サツキちゃん8

今年もよろしくね、サツキちゃん♫

サツキちゃん9

サツキちゃん10

今年がサツキちゃんにとって

素敵な年となりますように

サツキちゃん11

次回は最終話です

ちょっと珍しい鳥さんに会えました


夕暮れ

夕暮れ


お散歩で見かけた青い月
青い月1

青い月2


十夜の月
[ 2/3のお月様 十夜の月 ]

十一夜の月
[ 2/4のお月様 十一夜の月 ]

十二夜の月
[ 2/5のお月様 十二夜の月 ]

 掲示板      メール       








関連記事

2020.02.02     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 百五十一回目 その4 ロックガーデン~天津の森

空1

今日も晴れたり曇ったり

コロコロとお天気が変化して行きました

空2

お日様が出ている時は暖かいけど

陰ると一気に気温が下がるように感じます

明日はもう節分

そして明後日は立春

でも「本格的な冬はこれからだ」なんて言ってます

空3

少しは冬らしくなるのかな

今日も植物園訪問記(1/21)の続きです

メタセコイア並木9
[ メタセコイア並木 ]

メタセコイア並木を抜け

南エリアに戻ってきました

南エリアで最初に向かったのは

山野草の植えられた「ロックガーデン」

バイカオウレン1

ロックガーデンでは

早くも可愛いお花が咲き始めていました

バイカオウレン2

この白いお花はキンポウゲ科の「梅花黄連(バイカオウレン)」

バイカオウレン3

ロックガーデンで一番最初に咲き始めるのが

このバイカオウレンの白いお花

バイカオウレン4

キンポウゲ科のお花らしく

白い花びらのようなものは萼片で

バイカオウレン5

先端が黄色のカップ状になっているのが花弁

バイカオウレン6

根っこは「黄連(黄蓮)」という生薬になり

消化不良や下痢に効果があるそうです

バイカオウレン7
[ 梅花黄蓮(バイカオウレン) ]

バイカオウレンは常緑草のため

春の妖精(スプリング・エフェメラル)ではありません

こんなお花も咲き始めていました

フクジュソウ1

この黄色のお花もキンポウゲ科のお花で

典型的な春の妖精の「福寿草(フクジュソウ)」

フクジュソウ2

早春にお花を咲かせ

夏前には地上部が枯れてしまう春の妖精

フクジュソウ3

この植物園に通いだして

今年で七回目の冬になるけれど

フクジュソウ4
[ 福寿草(フクジュソウ) ]

今年は一番早い開花となりました

ユキワリイチゲ1

次のこのお花も春の妖精のひとつ

キンポウゲ科の多年草「雪割一華(ユキワリイチゲ)」

ユキワリイチゲ2

このユキワリイチゲも

今年は開花が早いです

ユキワリイチゲ3

お天気が良ければ

ちゃんとお花が開いていたのでしょうけれど

残念・・・

ユキワリイチゲ4
[ 雪割一華(ユキワリイチゲ) ]

ロックガーデンを出て

シアトルの森へ向かいました

あじさい坂1
[ あじさい坂 ]

途中、あじさい坂を下っていると

道の脇の大きな「オオバヤシャブシ」の木に

アトリ1

鳥さんを発見♫

アトリ2

スズメさんほどの大きさの冬鳥「花鶏(アトリ)」さん

アトリ3

この冬初の出会いでした~♪

植物園にはちゃんと来ていたのね

アトリ4
[ 花鶏(アトリ) ]

シアトルの森の入口近くでは

シアトルの森1
[ シアトルの森の入り口 ]

留鳥のこの子に出会えました

ホオジロ雌1

この子は「頬白(ホオジロ)」のお嬢さん

ホオジロ雌2

ホオジロさんは本来

警戒心が強い鳥さんなんだけど

ホオジロ雌3

時々こんなふううに

あまり人を怖がらない子がいます

ホオジロ雌4
[ ホオジロ 雌 ]

ホオジロ雌5

そして少し離れたところには

男の子もいました

ホオジロ雄1

男の子のほうが

ちょっと派手目な鳥さんです

ホオジロ雄2
[ ホオジロ 雄 ]

ホオジロ雄3

これでこの日出会えた鳥さんは

合計、五種類となりました

シアトルの森3

でも、ここでも

ツグミさんには出会えずじまい

シアトルの森2
[ シアトルの森 ]

シアトルの森4

シアトルの森の隣には天津の森があり

シアトルの森5

園のHPに

いまこんなお花が見頃との記載があり

シアトルの森6

それを見に行きました

シアトルの森7

そのお花とはこれ

ソシンロウバイ1

あれ?これはロウバイのお花では?

って思うかもしれませんが

ソシンロウバイ2

ロウバイのお花の中は

赤紫色をしているけど

ソシンロウバイ3

こちらは全体が黄色の「素心蝋梅(ソシンロウバイ)」のお花

ソシンロウバイ4

日頃、お庭で見かけるのは

こちらのソシンロウバイのお花のほうが多いかな

ソシンロウバイ5

ソシンロウバイ6
[ ソシンロウバイ ]

ソシンロウバイ7

ソシンロウバイ8

辺りには甘い香りが漂っています♪

ソシンロウバイ9

この続きはまた次回~~

夕暮れ

夕暮れ1

夕暮れ2



昨日(2/1)のお月様
八日月
[ 八日月 ]


今日(2/2)のお月様、上弦の月
九日月
[ 九日月 上弦の月 ]

 掲示板      メール       








関連記事


プロフィール

ジュラ430

Author:ジュラ430
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧

Vitalabolove 店長の雑記帳


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR