全583ページ
最近の記事
2017.05.21  
森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その4 薬樹園
2017.05.20  
森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その3 香りの丘の2
2017.05.19  
森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その2 ぼうけんの丘~香りの丘
2017.05.18  
森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その1 新緑
2017.05.17  
晴れた日の花たち 5月

2017.05.21     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その4 薬樹園

空1.JPG

今日は予報通り全国的に暑くなりましたが

関東甲信越から東北南部では猛烈な暑さだったようですね

お気の毒です

空2.JPG

全国で最高気温が30℃以上を記録した地点が

昨日の165地点から187地点に増え

35℃を越す猛暑日となったところまで出てしまいました

こんなに早くから猛暑日を記録することは近年無かったことです

空3.JPG

今年も異常気象の年となるのでしょうか

どうぞ災害が起きませんように

今日も植物園訪問記の続きです

周回路8.JPG

香りの丘を後にして向かった先は

薬樹園

何か目的があったわけではなく

南エリアへ移動する途中にあったから立ち寄っただけです

ボケ 1.JPG

その薬樹園でこんなに艶やかなお花に出会いました

花径が4センチほどあるお花です

ボケ 2.JPG

何のお花だと思われますか

ボケ 3.JPG

名札を見てビックリ

名札には「木瓜」とだけ書かれています

ボケ 4.JPG

うちにもボケのお花はありますが

お花の印象が全然違うし

こんな時期に咲くこともありません

ボケ 5.JPG

ネットで調べてみると

「紅雀(ベニスズメ)」という品種のボケのお花に似ています

ボケ 6.JPG

今までのボケのお花のイメージを一掃するお花でした

ニシキギ1.JPG

反対にとっても地味なお花も咲いていました

秋になると紅葉が美しい錦木(ニシキギ)のお花です

ニシキギ2.JPG

[ 錦木(ニシキギ) ]

ニシキギ3.JPG

ニシキギもお薬になるのですね

ニシキギ4.JPG

薬樹園にはちょっと驚きのお花も咲いていました

キンギンボク 1.JPG

このお花です

ぼうけんの丘で咲いていたハナヒョウタンボクのお花が

ここでも咲いているのかと思いましたが

キンギンボク 2.JPG

よく見ると違いました

この木にも名札がついていなかったので

間違っているかもしれませんが

キンギンボク 3.JPG

この木は「金銀木(キンギンボク)」、別名「ヒョウタンボク」

キンギンボク 4.JPG

咲いた直後は真っ白なお花ですが

時間とともに黄色のお花になるので「金銀」の名前がついてます

同じように色の変わるスイカズラは別名「金銀花」と呼ばれます

キンギンボク 5.JPG

何故驚いたかというと

キンギンボクの実は有毒で有名だから

薬用になるとはまだ聞いたことがありませんでした

キンギンボク 7.JPG

[ 金銀木(キンギンボク)=瓢箪木(ヒョウタンボク) ]

薬樹園に植えてあるということは薬用にもなるということですよね

ついでにハナヒョウタンボクのお花もどうぞ

ハナヒョウタンボク.JPG

[ ハナヒョウタンボク ]

キンギンボクとは違うでしょう

薬樹園を出て正門へ向かいます

周回路9.JPG

途中の道端には

小さなタンポポのようなお花が咲いています

イワニガナ 1.JPG

キク科の野草「岩苦菜(イワニガナ)」のお花です

イワニガナ 2.JPG

[ 岩苦菜(イワニガナ) ]

花径は一円玉ほど

イワニガナ 3.JPG

割りと好みのお花です♫

周回路10.JPG

メタセコイアの並木の入り口まで戻ってきました

周回路11.JPG

この日は本当にいいお天気でした

雲ひとつ無くお日様がギラギラ

メタセコイア並木12.JPG

こんな日はやっぱり木陰がいいなぁ~

メタセコイア並木13.JPG

メタセコイア並木14.JPG

北エリアには来園者があまり居ませんでした

メタセコイア並木15.JPG

メタセコイア並木16.JPG

正門前の広場に着きました

正門10.JPG

若いお客さんがいっぱい♫

どこの小学校でしょう

正門11.JPG

水色の体操服がいかにも夏らしく思えました

三年生ぐらいかな?

正門12.JPG

正門広場のすぐ近くにあるロックガーデンに向かいましたが

そのお話はまた明日~

今日の夕暮れ

夕暮れ1.JPG

今日は薄雲のかかった夕暮れです

お日様の周りに暈(かさ)が出来ています

夕暮れ2.JPG

明日のお天気はどうかな?

夕暮れ3.JPG


 掲示板      メール       









関連記事
スポンサーサイト

2017.05.20     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その3 香りの丘の2

空1.JPG

今日はお天気予報通り全国的にとっても暑い一日となりました

アメダスの929観測地点中165地点で

30℃以上の真夏日を記録したそうです

今年の最高気温を記録したところも多かったのではないでしょうか

明日の日曜日も同じように暑いそうです

どうぞお気をつけくださいね

空2.JPG

お山は新緑から濃い緑色に変わってきました

もうすっかり夏の装いです

香りの丘 4.JPG

今日もそんな植物園からのお話です

この時間帯では、ほぼ真上からお日様が照りつけるようになりました

正に夏の日差しです

香りの丘 5.JPG

香りの丘では夏のお花がもう咲いたり、咲く準備を始めていました

今日はそんなお花たちのお話です

香りの丘 6.JPG

刈り取られずに残った草むらでは

黄色のお花が風に揺れています

ブタナ1.JPG

一見タンポポによく似たこのお花は

ヨーロッパ原産の帰化植物「豚菜(ブタナ)」です

別名「タンポポモドキ」

ブタナ2.JPG

豚さんが好のんでよく食べることより

フランスで「
豚のサラダ」と呼ばれていたことから付いた名前

ブタナ3.JPG

[ 豚菜(ブタナ)=タンポポモドキ ]

でも好んで食べるのは豚さんだけじゃなく人間も食べるそうで

Wikipediaによると

「全部分が食用に可能であり、葉と茎が最も利用される。

若葉はクセが少なく、サラダ、茹で野菜、揚げものなどで食される。」

何方かお試しになりませんか?

オヘビイチゴ1.JPG

こんな黄色のお花も咲いています

ヘビイチゴに似たお花を咲かせているのは「雄蛇苺(オヘビイチゴ)」

ヘビイチゴと異なり赤い実は付けません

オヘビイチゴ2.JPG

[ 雄蛇苺(オヘビイチゴ) ]

オヘビイチゴの葉っぱは小葉5枚が一組になっているので

見分けるのが簡単です(ヘビイチゴは小葉3枚が一組)

香りの丘 7.JPG

[ 香りの丘の休憩所 ]

休憩所の直ぐ近くのこの木がお花の準備をしています

ヤマボウシ1.JPG

山法師(ヤマボウシ)です

昨年は夏の干ばつで

殆どの実が枯れてしまいましたが

今年はどうでしょう?

ヤマボウシ2.JPG

[ 山法師(ヤマボウシ) ]

昨年と比べるとお花の数がずいぶん少ないです

今年は裏年なのかもしれません

香りの丘 8.JPG

この香りの丘には

昨日お話したカラタネオガタマ以外にも

確認しておきたい木のお花があります

香りの丘 9.JPG

それがこのお花

お花というよりまだ蕾でしたが

これは菩提樹(ボダイジュ)の蕾です

ボダイジュ1.JPG

[ 菩提樹(ボダイジュ)の蕾 ]

えっ、蕾の位置がわからないって?

こうやって向こうを透かしてみるとわかるでしょうか

ボダイジュ2.JPG

菩提樹のお花の房は

苞(ほう)と呼ばれる葉っぱの一種の真ん中から

ぶら下がるように付いています

ボダイジュ3.JPG

[ 菩提樹の苞と花房 ]

ボダイジュ4.JPG

菩提樹のお花はまだしばらく咲きそうにありませんでした

咲くのは来月になりそうです

香りの丘 10.JPG

香りの丘の散策も終わり

次の薬樹園に向かおうとしましたが

香りの丘 11.JPG

今まで気が付かなかったところに

真っ白なお花が咲いているのを発見

オオデマリ 1.JPG

ちょっと見たところでは紫陽花のお花のように見えますが

これはスイカズラ科の大手毬(オオデマリ)のお花

オオデマリ 2.JPG

紫陽花の場合、萼が花びらのように変化して毬状になりますが

オオデマリはすべて花びらからできています

オオデマリ 3.JPG

だからお花が終わると散ってしまいます

お花の寿命は短いです

オオデマリ 4.JPG

[ オオデマリ ]

オオデマリ 5.JPG

南エリアには大きな大きなオオデマリの木があるので

今からお花を見るのが楽しみです

周回路7.JPG

周回路に出てきました

周回路6.JPG

これから薬樹園に向かいます

ツツジ1.JPG

周回路を進むとあのツツジの壁が見えてきます

ツツジ3.JPG

高さ3m近くになるツツジの壁です

人の背丈の倍ほどの高さ

ツツジ4.JPG

ちょうどお花盛りで

カラフルな壁を作っています♫

ツツジ5.JPG

続きの薬樹園についてはまた明日~~

今日の夕暮れ

夕暮れ.JPG

おまけはやっと咲いたお庭のシャクヤクのお花です

芍薬 白 170520.JPG

苗を買ってきて植えてから二年近くになります

まだ株が小さいのでお花も大きくないですが

やっとお花を見ることが出来ました、来年も楽しみです

芍薬 赤 170520.JPG

明日も暑そう、暑さに負けないようにしましょうね

 掲示板      メール       









関連記事

2017.05.19     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その2 ぼうけんの丘~香りの丘

空1.JPG

今日も雲一つない真っ青なお空が広がりました

全国的に気温が上がり

アメダス929観測地点の内、26地点で真夏日を記録したそうです

明日土曜日は更に気温が上がって

真夏日を記録するところが続出しそうな予報です

空2.JPG

また熱中症の季節がやって来ました

急に暑くなると体が気温について行けません

どうぞお気をつけくださいね

多目的広場1.JPG

[ 多目的広場 ]

今日も植物園訪問記の続きです

スポーツ広場で八重のフジのお花を見た後

ぼうけんの丘を目指して多目的広場に上がったところからです

ぼうけんの丘1.JPG

ぼうけんの丘は多目的広場の北にある小高い丘で

子供も遊べるアスレチックが作られています

ぼうけんの丘2.JPG

園のブログの情報によると

この丘に花瓢箪木(ハナヒョウタンボク)のお花が咲いているそうなので

ぼうけんの丘3.JPG

それを探しに来ました

ぼうけんの丘4.JPG

さてハナヒョウタンボクの木は何処に?

ぼうけんの丘5.JPG

ブログにはそれ以上の情報は書かれていませんでした

丘の周囲の木を確認していかなければならないようです

ぼうけんの丘6.JPG

この丘の上には木陰がありません

急がないと真っ黒に焼けてしまいそう

ぼうけんの丘7.JPG

諦めかけた時に漸く白いお花を見つけました

ハナヒョウタンボク1.JPG

どうもこれがハナヒョウタンボクのようです

何故「ようです」なのかというと

何処を探しても名札が見つかりません

ハナヒョウタンボク2.JPG

天津の森でハナヒョウタンボクのお花を見たことがあるので

どうにか確認出来ましたが

ハナヒョウタンボク3.JPG

ちょっと不親切ですよね

ブログに書くのだったら名札をつけておいて欲しいです

ハナヒョウタンボク4.JPG

[ 花瓢箪木(ハナヒョウタンボク) ]

ハナヒョウタンボクの近くで

珍しいお花を発見

ダイコン1.JPG

珍しいと言ってもめったに見ないお花と言う意味ではなくて

この場所にあるのが珍しいという意味です

ダイコン2.JPG

[ 大根(ダイコン)の花 ]

これはダイコンのお花

鳥さんが種を運んできたのでしょうね

多目的広場3.JPG

ぼうけんの丘を下り

多目的広場の隣にある香りの丘へ向かいました

周回路 5.JPG

[ 外周路 ]

木陰の中に入って少しホッとしました

周回路 4.JPG

香りの丘にはそろそろ咲き出しそうなお花があり

それを見に来たのですが

香りの丘 1.JPG

今年は木のお花の開花が全般に遅れ気味なので

昨年までの経験則は当てにならず

目で確認するしか無いのです

香りの丘 2.JPG

日焼けは嫌だけれど

緑の中を歩き回るのは嫌いじゃありません🎵🎵

香りの丘 3.JPG

おや?

もうこのお花が咲いています

オオベニウツギ1.JPG

スイカズラ科の大紅空木(オオベニウツギ)の真っ赤なお花です

オオベニウツギ2.JPG

これなら昨年とあまり変わらない開花です

オオベニウツギ3.JPG

[ 大紅空木(オオベニウツギ) ]

オオベニウツギ4.JPG

日本では九州の一部にしか自生していないお花だそうですが

庭木として人気がありよく使われるとか

カジノキ1.JPG

その真っ赤なお花の近くには

こんな不思議なお花を咲かせる木もありました

カジノキ2.JPG

これは梶の木(カジノキ)の雌花です

カジノキはクワ科の木で

昔は和紙の原料にもなった木です

このカジノキとヒメコウゾをかけ合わせ出できたのが

今も和紙の原料として使われる「楮(コウゾ)」

カジノキ3.JPG

[ 梶の木(カジノキ)の雌花 ]

カジノキは雌雄異株なのですが

近くには雄花が見当たらず

香りの丘にあるのはどれも雌株ばかりみたいです

香りの丘に来た目的のお花はと言うと

カラタネオガタマ 170519.JPG

[ カラタネオガタマ ]

まだ蕾でした ・ ・ ・

この続きはまた明日~~

 掲示板      メール       









関連記事

2017.05.18     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 八十七回・八十八回目 その1 新緑

空1.JPG

今日はとっても、とっても良いお天気になりました

お外に出るとジリジリと焼くように

お日様が眩しく照っていました

そんな日でしたが

森林植物園へ行ってきました

正門1.JPG

今日からまた植物園訪問記を始めます

ただ今までと違い

今回は二度の訪問を一緒に纏めてアップしますね

正門2.JPG

訪問したのは連休明けの5月8日と

今日の5月18日の二回

両日ともほとんど雲のない快晴の一日でした

正門3.JPG

二回の訪問は10日の間が空きましたが

大きく変わったところもあり

あまり変わらなかったところもありました

正門4+.JPG

変わらなかったのは

眩しいような新緑の美しさです🎵

正門5.JPG

毎年こんなに緑が溢れていたのだっけと思ってしまうほど

もう何処を見ても緑・緑・緑♫

正門6.JPG

正門7.JPG

植物の生命力が辺りに充満していて

其処に居るだけで

身体に生命力が充電されていくのがわかるほどです

正門8.JPG

連休明けに訪れた時は

ちょっと滞在時間が短くて(二時間半)

北エリアには行けずじまいでした

正門9.JPG

今日はその北エリアから散策を開始しました

今回の滞在時間は三時間半

メタセコイア並木1.JPG

まるで真夏のようなお日様です

メタセコイア並木2.JPG

そんな日差しにコントラストが強くなりすぎ

なかなか思ったような写真が撮れませんが

お許しを ・ ・ ・

メタセコイア並木3.JPG

少しでも日陰を探しながら進みます

メタセコイア並木4.JPG

今日は長袖で来て正解でした

此処までの日差しとは思わず

日焼け対策はあまりしていなかったので ・ ・ ・

メタセコイア並木5.JPG

今日はまだ気温はそんなに高くならず

風も爽やかで歩いていても汗をかくほどではありません

メタセコイア並木6.JPG

次回来る時はこんなに快晴じゃないほうがいいのかな

メタセコイア並木7.JPG

この時期、北エリアに来る人は少なそう

でも紫陽花の時期になると

わんさか訪れるようになるのですが

メタセコイア並木8.JPG

メタセコイアの並木道を抜けて

多目的広場の入り口までやって来ました

メタセコイア並木9.JPG

今日は多目的広場には登らず

広場の外周路を時計回りに進みます

メタセコイア並木10.JPG

まず目指すのはスポーツ広場

北エリアマップ- .JPG

スポーツ広場の広さは1.6ヘクタール(甲子園グランドの1.2倍)

周遊路1.JPG

植物園のブログに出ていた情報で

スポーツ広場に見たいものがあることを知りました

そうそう、この四月から園の情報はHPじゃなくて

植物園のブログで発信するようになりました

ちょっと不便 ・ ・ ・

周遊路2.JPG

ケヤキ並木もこんなに葉っぱが茂り

涼し気な木陰を落とすようになりました

周遊路3.JPG

スポーツ広場に着きました

スポーツ広場1.JPG

目指すは

スポーツ広場2.JPG

広場の隅にある藤棚です

スポーツ広場3.JPG

此処のフジの中に

八重のフジのお花もあると書かれていたのです

フジ八重1.JPG

もう藤棚のお花のピークは過ぎていましたが

かろうじて八重のお花が残っていました

フジ八重2.JPG

[ 八重の藤の花 ]

ブロ友さんのブログなどで

八重のフジのお花の存在は知っていたのですが

まだ見たことがなかったので

フジ八重3.JPG

見ることが出来て嬉しかったです

周遊路4.JPG

次に目指すは

多目的広場の北にある「ぼうけんの丘」

周遊路5.JPG

これも植物園のブログ情報から決めました

周遊路6.JPG

この続きはまた明日~~

周遊路7.JPG

[ 多目的広場への上り階段 ]

おまけは動いているバスの窓から撮ったバス停付近の光景

なんだか面白い写真になりました♪♪

おまけ.JPG

 掲示板      メール       









関連記事

2017.05.17     カテゴリー :   道端のお花

晴れた日の花たち 5月

空1.JPG

今日は朝から青空が広がりました

お空に浮かぶ白い雲が眩しいです

やっぱり五月はこうでなくっちゃ♫

空2.JPG

この辺りもあと三週間もすると梅雨入り

晴れた爽やかな日を楽しめるのは今のうちですものね

空3.JPG

今日は今咲いているお花たちをご紹介

最初はこのお花

キリ1.JPG

遅れていた桐(キリ)のお花が咲き始めました

キリのお花は上品ないい香りがします

キリのお花から作られた家紋「桐花紋」は高貴な紋として

日本政府の紋章となっています

キリ2.JPG

[ 桐の花 ]

続いては風のある日は写真撮影がとっても難しいこのお花

マツバウンラン1.JPG

松葉雲蘭(マツバウンラン)のお花です

少しの風にもゆらりゆらりと揺れます

マツバウンラン2.JPG

[ これも松葉雲蘭? ]

中にこんなに太い茎のマツバウンランがありました

突然変異でしょうか

こうやって園芸種が生まれるのかな?

ニワゼキショウ1.JPG

こちらは芝生などでよく見かける庭石菖(ニワゼキショウ)のお花

1.5センチの小さなお花を咲かせますがアヤメ科の野草です

ニワゼキショウ2.JPG

[ 庭石菖(ニワゼキショウ) ]

お山ではこの紫色のお花がピークを迎えています

ヒメハギ1.JPG

ユニークな形のお花を咲かせる常緑草「姫萩(ヒメハギ)」

咲き始めの頃は地面を這うように茎が伸びていましたが

ヒメハギ2.JPG

[ 姫萩(ヒメハギ) ]

花が咲き進むにつれて茎は起き上がり

20センチ以上の背丈になります

ヒメハギ3.JPG

いつ見てもお髭のような付属物(花びらが変形したもの)が

動物的な印象を与えます

今にも動き出しそう(笑)

カスマグサ1.JPG

青いお花が続きましたが

次も青いお花

カスマグサ2.JPG

[ カス間草 ]

マメ科のカス間草がまだこんなお花を咲かせていました

カラスノエンドウとスズメノエンドウとの間の大きさのお花を咲かせるので

付いた名前がカスマグサ

カスマグサ3.JPG

今年は色々探してみた所

思っていた以上の広い範囲で咲いていることがわかりました

ミチバタナデシコ 1.JPG

続いてはちょっとビックリなお花のお話

昨年まではこのお花を「イヌコモチナデシコ」とご紹介していたのだけれど

これからは名前が「道端撫子(ミチバタナデシコ)」になりました

ミチバタナデシコ 2.JPG

元々ヨーロッパが原産の帰化植物なんですが

45年ほど前に帰化が確認された時

元になるお花を間違えて命名していたことが

最近になって判明

ミチバタナデシコ 3.JPG

例えて言うなら日本に来ているのがAさんだと思い

Aさんに日本名「イヌコモチナデシコ」の名前を付けてしまったけれど

よく調べてみると日本に来ているのはAさんじゃなくてBさんだと判明

ミチバタナデシコ 5.JPG

一旦Aさんに付けた名前は変更できず

Bさんに「ミチバタナデシコ」と言う新たな名前をつけることになったそうです

ミチバタナデシコ 6.JPG

[ 道端撫子(ミチバタナデシコ) ]

という事で、これからは「ミチバタナデシコ」と呼ばれます

赤ちゃんを包む「お包み」のような蕾からお花が咲くので

「イヌコモチナデシコ」の名前は好きだったのですが

仕方ありません

ヘビイチゴ1.JPG

この黄色いお花はご存知「蛇苺(ヘビイチゴ)」のお花

赤い実も出来始めています

ヘビイチゴ2.JPG

[ 蛇苺(ヘビイチゴ) ]

続いての黄色のお花はマメ科の多年草「都草(ミヤコグサ)」

ミヤコグサ2.JPG

史前帰化植物と言われていて

麦の伝来と同じ頃、大陸からやって来たと言われています

そのため都の周辺でよく見られたことから付いた名前だとか

ミヤコグサ4.JPG

マメ科なのでお花の後には豆莢を作ります

ミヤコグサ3.JPG

お花は1~1.5センチの大きさがあり

観賞用に栽培されることもあるとか

可愛いお花でしょう♫

ミヤコグサ1.JPG

[ 都草(ミヤコグサ) ]

最後はこのお花

赤い色のお花を咲かせるクローバーのお仲間「ムラサキツメクサ」のお花

ムラサキツメクサ1.JPG

ムラサキツメクサはマメ科なのでお花をよく見ると

マメ科特有のお花の形をしています

ムラサキツメクサ ハリカメムシ ヤブキリ.JPG

[ 紫詰草(ムラサキツメクサ) ]

もっと拡大してみると

あ~ら、先客が二人も写っていました

ムラサキツメクサ ハリカメムシ ヤブキリ大.JPG

緑色の虫さんは「ヤブキリ」の子供みたい

茶色の虫さんは「ハリカメムシ」さんでした

今日の夕暮れ

夕暮れ1.JPG

夕暮れ2.JPG

夕暮れ3.JPG

明日はいいお天気になるそうです

 掲示板      メール       









関連記事


プロフィール

ジュラ430

Author:ジュラ430
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧

Vitalabolove 店長の雑記帳


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR