全600ページ
最近の記事
2017.08.20  
森林植物園訪問 九十四回目 その1 西洋あじさい園
2017.08.17  
トンボにセミに ・ ・ ・ 虫撮り
2017.08.16  
ダムで出会ったお花たち 2017年夏
2017.08.15  
ダムの鳥たち 2017年夏
2017.08.14  
残暑お見舞いと新人さんご紹介♫

2017.08.20     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 九十四回目 その1 西洋あじさい園

空1.JPG

今日も朝からいいお天気♫

やっと少し涼しくなると思ったのに

以前の暑さに戻ってしまいました

空2.JPG

関東では荒れたお天気が続いているようですね

花火大会を襲った暴風雨の映像をTVで見ましたが

お気の毒としか言いようのない状況でした

空3.JPG

明日も西高東低の気温が続きそうですが

東日本が一日も早くいつもの夏に戻られますことをお祈りいたします

今日からまた植物園訪問記をお送りします

正門1.JPG

[ 西六甲ドライブウエイ ]

訪問したのはお盆真っ只中の14日

こちらもお盆は生憎のお天気で

その日も傘を持参しようかどうか迷うようなお天気でした

正門2.JPG

お盆だからさぞかし来園者が多いだろうと思っていたのですが

雨の降り出しそうなお天気だったためか

予想外に来園者は少なかったです

正門3.JPG

確かにお花に関してはシーズンオフだからかもしれません

正門4.JPG

[ 正門 料金所 ]

正門を抜けると目の前に森林展示館の建物があり

建物の前を右に曲がると長谷池方面

正門5.JPG

左に曲がると北エリアへ行くことが出来ます

マップ2.jpg

北エリアと南エリアを隔てているのは

西六甲ドライブウエイ

北エリアへ.JPG

北エリアへ行くにはその西六甲ドライブウエイの下を潜ることになります

駐車場も北エリアにあるので

車もみんなこのドライブウエイの下をくぐります

メタセコイア並木 1.JPG

[ メタセコイア並木 ]

この日も最初は北エリアから始めました

まず向かうは西洋あじさい園

メタセコイア並木 2.JPG

西洋あじさい園には色んな種類のタマアジサイがあるとの情報が

植物園のサイトに書かれていたので

それを探しに行くことにしました

メタセコイア並木 3.JPG

植物園を訪問している間は

ほとんどお日様は顔をだすことがなく

訪問するにはあまり好ましい日では無かったです

メタセコイア並木 4.JPG

しかしこの日以外は傘マークが出ていたので

選択の余地はありませんでした

お空は晴れることはなかったですが

お陰様で帰るまで雨には遭わずに済みました

アナベル1.JPG

前回ご紹介した緑になったアナベルのお花たちは

あれから二週間が経ちましたが

アナベル2.JPG

ますます緑色が濃くなったように感じます

西洋あじさい園では流石に殆どのアジサイのお花は終わっていましたが

幾つかのアジサイは見頃を迎えていました

ノリウツギ 1.JPG

最初のこの白いお花は「糊空木(ノリウツギ)」のお花

ノリウツギ 2.JPG

ちょっとアジサイらしからぬお花に見えますが

ちゃんと装飾花を持っていて

両性花と装飾花の組み合わせになっています

ノリウツギ 3.JPG

その清楚なお花が茶花に好まれるとの事

ノリウツギ 4.JPG

[ 糊空木(ノリウツギ) ]

ノリウツギ 5.JPG

ノリウツギは北海道から九州まで広く分布しているそうですが

まだ自生しているノリウツギには出会ったことがありません

ノリウツギ 6.JPG

六甲山系でも標高500m以上のところで咲いているそうです

標高が456mしかない菊水山じゃ咲いていないのかな

ノリウツギ 7.JPG

名前の由来は

「枝を水に浸してぬめりのある粘液を採り

和紙を漉く時の糊料に用いたことによる」のだそうです

ノリウツギ 8.JPG

ノリウツギは開花期が長く

7月の中頃から咲きはじめ

8月いっぱいはお花を楽しめます

ノリウツギ 9.JPG

さて、西洋あじさい園に来た本来の目的の

タマアジサイのお仲間探しをしたのですが

アスペラ 1.JPG

見つかったのはこのひと種類だけ

このお花の名前は「アスペラ」

「ヒマラヤタマアジサイ」とも呼ばれている中国の野生アジサイの一種

アスペラ 2.JPG

日本のタマアジサイのような

玉状の蕾は持っていなくて

アスペラ 3.JPG

[ アスペラの蕾 ]

こんな塊の蕾を付けます

アスペラ 4.JPG

この塊の蕾が解れながら広がって行く姿は

日本のタマアジサイによく似ています

アスペラ 5.JPG

最初は淡いピンクの小さな蕾ですが

やがて少し色濃く大きくなって

アスペラ 6.JPG

お花が咲くとブルーの色に変わります

アスペラ 7.JPG

そのブルーのお花が終わると赤い花柄が現れます

アスペラ 8.JPG

アスペラの大きな特徴は

その蕾の変化からブルーのお花の開花

そして赤い花後の姿が

一つの花房の中に同居していて

同時に見ることが出来るというところでしょうか

アスペラ 9.JPG

だからとってもカラフル♫

明日も訪問記を続けます

雲一つない夕暮れ

夕暮れ.JPG

明日も暑くなりそうです ・ ・ ・

 掲示板      メール       








関連記事
スポンサーサイト

2017.08.17     カテゴリー :   

トンボにセミに ・ ・ ・ 虫撮り

空1.JPG

今日も気温は西高東低

西日本は暑い夏が戻ってきました

湿度も高く一層暑く感じます

空2.JPG

暑いのは仕方ないとしても

この鬱陶しい蒸し暑さだけはどうにかして欲しいです

西日本と東日本でこんなに気温の違う夏は初めて

二つを足して二で割れればいいのにね

空4.JPG

今日は夏の虫さん代表としてトンボとセミの特集です

昆虫採集じゃなくて虫撮りをしました~~♫

最初はトンボさんから

シオカラトンボ 雄1.JPG

グリーンの目が可愛いシオカラトンボの男の子

最近はオオシオカラトンボに押されて

目にすることが少なくなってます

シオカラトンボ 雄2.JPG

[ シオカラトンボの雄 ]

男の子の次は女の子

シオカラトンボ 雌2.JPG

こちらもグリーンの目が可愛いシオカラトンボのお嬢さん

別名「ムギワラトンボ」

シオカラトンボ 雌1.JPG

[ シオカラトンボの雌=ムギワラトンボ ]

次はダークブラウンの目をしたオオシオカラトンボさん

オオシオカラトンボ 雄1.JPG

こちらはオオシオカラトンボの男の子

体の色は塩の粉を噴いたようなグレーで

シオカラトンボの男の子とよく似ていますが

オオシオカラトンボ 雄2.JPG

[ オオシオカラトンボの雄 ]

目の色がぜんぜん違うでしょう

これは女の子の目も一緒

オオシオカラトンボ 雌.JPG

[ オオシオカラトンボの雌 ]

オオシオカラトンボのお嬢さんもダークブラウンの目をしています

続いてはセミの特集~~♫

アブラゼミ 1.JPG

今が一番沢山の種類のセミさんの声が聴ける頃かもしれません

最初は当地で一番多いアブラゼミさん

アブラゼミ 2.JPG

[ アブラゼミ ]

ジ、ジ、ジ、ジー

セミさんの鳴き声はココで聴いてね

アブラゼミ 3.JPG

続いては一番騒がしく鳴くクマゼミさん

クマゼミ.JPG

[ クマゼミ ]

ワッシャ、ワッシャ、ワッシャ

クマゼミさんは潮風の当たるところが好きだそうで

山奥にはあまりいないとか

ミンミンゼミ 1.JPG

[ ミンミンゼミ ]

ミーン、ミーン、ミーン

ミンミンゼミ 2.JPG

ミンミンゼミさんはお山に行くとよく鳴いていますが

家の近所ではあまり鳴いていません

ミンミンゼミ 3.JPG

[ ミンミンゼミ ]

次はミンミンゼミさんによく似たひぐらしさん

ヒグラシ1.jpg

[ ヒグラシ ]

カナ、カナ、カナ、カナ

ヒグラシ2.jpg

ヒグラシさんとツクツクボウシさんは秋の蝉と言われ「寒蝉」と書きます

夏の終わりを告げるセミさんですが

こちらでは先週から鳴いています

ツクツクボウシ .JPG

[ ツクツクボウシ ]

ツクツクホーシ、ツクツクホーシ

夏休みがもうすぐ終わると鳴いているようで

子供の頃は寂しさを感じる鳴き声でした

ヒメウラナミジャノメ1.JPG

おまけは小さな蝶々さん

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ2.JPG

[ ヒメウラナミジャノメ ]

明日は恒例のミニ同窓会があるので

ブログを一日お休みしますね

明後日から植物園訪問記(九十四回目)を始めます

夕暮れ.JPG

今日の夕暮れ

夕暮れ3.JPG

夕暮れ4.JPG

夕暮れ5.JPG

今夜も熱帯夜です ・ ・ ・

 掲示板      メール       








関連記事

2017.08.16     カテゴリー :   道端のお花

ダムで出会ったお花たち 2017年夏

空1.JPG

今日はお昼すぎまでこんなお空が広がっていました

いつ降っても可怪しくないようなどんよりとしたお空

でも結局雨は降らず徐々に青空が覗くようになってきました

空2.JPG

それに伴い気温も上がり

今日は久しぶりに蒸し暑い一日となりました

ここ数日が涼しかったので尚更暑く感じます

空3.JPG

またエアコンのお世話になっちゃいました

でもこれが平年並みの気温だったようです

平年並みと言われると仕方ないですね(笑)

空4.JPG

東日本は今日も気温が低く十月並みの気温だったとか

明日からは関東も気温が平年並みに戻ってくるそうです

気温差が大きいので体調を崩されませんように

空5.JPG

今日も昨日の続きでダムに出かけた時のお話

今日はダムで出会った道端のお花たちについて

ヤイトバナ 1.JPG

最初はこのアカネ科の蔓草「灸花(ヤイトバナ)」

葉っぱや茎を揉むと悪臭がするので「ヘクソカズラ」とも呼ばれます

代表的な夏の野草の一つ

ヤイトバナ 3.JPG

何もしなければ臭くはなく

お花は可憐で茶花にも使われるとか

別名が「早乙女花(サオトメバナ)」

ヤイトバナ 4.JPG

[ 灸花(ヤイトバナ) ]

子供がこのお花を使ってお灸ごっこをしたから付いた名前だとか

今のお子さんは「灸(やいと)」や「お灸(おきゅう)」なんて言っても知らないでしょうね

キカラスウリ1.JPG

続いての蔓草はウリ科の「黄烏瓜(キカラスウリ)」

こんなレース飾りのようなお花を咲かせます

キカラスウリ2.JPG

[ 黄烏瓜(キカラスウリ) ]

お仲間の「烏瓜(カラスウリ)」のお花はもっと繊細でもっと豪華

でも夜に咲いて朝には萎んでしまうので

なかなか写真には撮ることが出来ません

キカラスウリ3.JPG

黄烏瓜のお花も夜に咲きますが

かろうじてお昼すぎまで萎まずにいてくれます

クズ1.JPG

続いてはマメ科の蔓木「葛(クズ)」のお花

秋の七草の一つのクズのお花が咲き始めていました

これはほぼ平年並みの開花かな

クズ2.JPG

[ 葛(クズ) ]

お花はいい香りがします

また根っこからは高級デンプンの葛粉(くずこ)が採れ(和菓子に使われます)

根っこを干したものは葛根(かっこん)と言う生薬になります

そう、風邪に効く漢方薬「葛根湯(かっこんとう)」です

アレチウリ 170816.JPG

[ 荒れ地瓜(アレチウリ) ]

こちらは一年ぶりに再会したくないのに再会したアレチウリ

もう退治できたと思っていたら一株だけ見つけました

近くまで草刈りが進んできていたので

どうせ刈られる運命だったのですが

見つけたからには抜かないではおられません

空6.JPG

続いてはシソ科のお花

アキノタムラソウ1.JPG

これはシソ科の「秋の田村草(アキノタムラソウ)」

「田村草」は「多紫草(たむらさきそう)」が語源との説があります

アキノタムラソウ2.JPG

[ 秋の田村草(アキノタムラソウ) ]

「春の田村草」や「夏の田村草」もあるそうですが

まだ出会ったことがありません

クルマバナ1.JPG

続いてもシソ科の多年草で「車花(クルマバナ)」と言います

まだこのダムの近くでしか見たことのないお花です

クルマバナ2.JPG

[ 車花(クルマバナ) ]

ピンク色のなかなか可愛いお花です


クルマバナ3.JPG

お仲間には塔花(トウバナ)や犬塔花(イヌトウバナ)がありますが

お花はこのクルマバナが一番大きく見映えがします

ベニバナボロギク1.JPG

続いての変わったこのお花は帰化植物の「紅花襤褸菊(ベニバナボロギク)」

アフリカが原産のキク科のお花

葉っぱは柔らかくてアクも少なく食べると美味しいそうで

野菜として栽培されている国もあるとか

ベニバナボロギク2.JPG

[ 紅花襤褸菊(ベニバナボロギク) ]

花後の綿帽子が崩れやすく見た目が悪いのでボロギクの名前がついてます

続いては今年初めて気がついたこの木の実

ニワウルシ1.JPG

葉っぱは羽状複葉でハゼノキやウルシに似ています

これは中国が原産のニガキ科の落葉樹「庭漆(ニワウルシ)」の木です

「ウルシ」の名前がついていますがニガキ科の木で

ウルシとはぜんぜん違い被れることのない植物です

ウルシに似ているけれど被れないので

庭にも植えられると言う意味から「ニワウルシ」と名付けられました

ニワウルシ2.JPG

変わった実を着けるでしょう

来年はお花を見てみたいです

アカバナフヨウ 1.JPG

最後はこの艶やかなお花

直径が20センチもある大きなフヨウのお花で

「赤花芙蓉(アカバナフヨウ)」と言います

アカバナフヨウ 2.JPG

[ 赤花芙蓉(アカバナフヨウ) ]

アカバナフヨウ 3.JPG

大きなお花で見応え充分♫

アカバナフヨウ 4.JPG

フヨウとアメリカフヨウとの交雑種だそうで

開花期が長く、真っ赤な花を夏から晩秋まで咲かせます

おまけはデンデン虫♫

ナミマイマイ 170816.JPG

このあたりでは普通に見られる「ナミマイマイ」

直径が3センチ以上あってなかなか立派でした

夕暮れ1.JPG

今日の夕暮れ

夕暮れ2.JPG

夕暮れ3.JPG

きれいな夕焼けを期待したのですが

日が沈む前に雲の覆われてしまいました

夕暮れ4.JPG

明日は晴れ時々くもりの予報です

どうなるのかな

 掲示板      メール       








関連記事

2017.08.15     カテゴリー :   

ダムの鳥たち 2017年夏

空.JPG

[ 今日の空 ]

今日は朝から小雨が降ったり止んだりで

ときには激しく降る時もありました

気温は今日もMax28℃と低かったのですが

湿度が異常に高く(90%以上)昨日より蒸し暑く感じました

空1.JPG

[ 先週金曜日の空 ]

今日は石井ダムへ出かけた時のお話

出掛けたのは台風5号が通り過ぎた先週の金曜日(8/11)

空2.JPG

この辺りは台風でも50mmほどしか雨が降らなかったので

ダムにはあまり変化がなかったとは思ったのですが

念のため?見に行ってきました

空3.JPG

石井ダムは洪水調整のための治水ダム

大雨が降った時、一時的に水を此処で堰き止め

下流域に洪水の危険が生じるのを防ぐのが目的のダム

石井ダム1.JPG

だから日頃は最低限の水しか貯めていません

二年ほど前に一度水位
が20mも上昇し

あと10m上昇するとダムから溢れるといった大雨がありました

石井ダム2.JPG

あの時は上流域で短時間に200mmを越す雨が降ったときでした

六甲山系では200箇所以上の土砂崩れも発生しましたが

大きな災害にはならずに済みました

石井ダム3.JPG

だから今回の雨程度では大きな変化はないと予想されましたが

一応この目で確かめたいと思ったのです

石井ダム4.JPG

結果から言うと水位が上がった痕跡は認められませんでした

ただ上流から流れ込んだ浮遊ゴミが多かったです

石井ダム5.JPG

湖面をもっとよく見るために

湖底遊歩道へ降りてみました

石井ダム6.JPG

ダムの堰堤近くの防塵ネット用のブイの上では

いつもの子達が日光浴をしていました

石井ダム7.JPG

この日は全部で4羽の川鵜(カワウ)さんがいました

カワウ1.JPG

こんなに黒い身体なら

夏の日差しはさぞや堪えるだろうと思うのですが

翼を広げて日光浴をしている子までいて

カワウ4.JPG

夏の日差しは嫌いじゃないみたいです

カワウ2.JPG

[ 川鵜(カワウ) ]

カワウ3.JPG

[ 日光浴をしているカワウ ]

日光浴には寄生虫などの虫干しの目的もあるみたい

カワウ5.JPG

この日は常連の鳰(カイツブリ)さんの姿は認められませんでしたが

声は聞こえていました

石井ダム湖底遊歩道.JPG

[ 湖底遊歩道 ]

以前は湖底遊歩道からでも湖面を見ることが出来たのですが

今では湖岸にシナサワグルミが茂ってしまい

湖底遊歩道からは湖面を見ることができなくなりました

アオサギ1.JPG

湖面を見ようとすると

ダムの堰堤と同じ高さにある遊歩道から見下ろすしか手立てがありません

アオサギ2.JPG

その高い位置から湖面までは50m以上あるでしょうか

アオサギ3.JPG

湖面を見ていると

もうひとりの常連さんを発見♫

アオサギ4.JPG

身体が大きなアオサギさんです

アオサギ5.JPG

ダムによって水に浸かり立ち枯れした木々が湖面から顔を出している所に

アオサギさんがいます

アオサギ6.JPG

この間の台風で上流から流れ込んだ浮遊ゴミが目につきます

この辺りは結構水深が深いと思うのですが

アオサギ7.JPG

アオサギさんは何をしているのでしょう

アオサギさんは泳げないので

足の長さより深いところへは行くことが出来ません

アオサギ8.JPG

水面に上がってくる魚でも狙っているのでしょうか

残念なことに見ている間では漁は成功しませんでした

アオサギ9.JPG

[ 青鷺(アオサギ) ]

ダムへ行ったお話の続きはまた明日~

空4.JPG

明日は雨が上がるけれど曇りの一日だそうです

気温は平年並みに戻るとのこと

 掲示板      メール       








関連記事

2017.08.14     カテゴリー :   

残暑お見舞いと新人さんご紹介♫

空1.JPG

もう今年の夏も残り半月ほどになりました

ほんの数日前まで猛暑の夏と言われてきましたが

どうもそうでもないような日が続いています

空2.JPG

確かに今年の七月は暑い日が多かったです

八月に入って西日本では暑い日が続きましたが

東日本では冷夏がささやかれるような日が続いています

空3.JPG

ところがこの数日は西日本でも平年を下回る気温の日が続き

秋を思わせるような風が吹いています

明日も全国的に平年より涼しくなるとの予報が出ています

また暑さが戻ってくるとは思うのですが

タイミングを失いそうなので今のうちにご挨拶(笑)

ミソハギ 1.JPG


残暑お見舞い申し上げます

残暑の候、夏の疲れが出るころですが、ご体調はいかがでしょうか                 

ご無理なさらずお身体おいといくださいませ

  平成二十九年 盛夏

ミソハギ 2.JPG

[ 禊萩(ミソハギ) ]

秋の足音が少しづつ聞こえてきましたが

空4.JPG

まだ頑張っている夏のお花もありました

ヒマワリ 1.JPG

公園に植えられているヒマワリのお花です

ヒマワリ 2.JPG

ヒマワリ 3.JPG

[ 向日葵(ヒマワリ) ]

やっぱりヒマワリには夏の青空と白い雲が似合いますね

でもこの日は残念なことに曇り空でした

ヒマワリ 4.JPG

今日はお庭を訪れるようになった新人さんをご紹介

空5.JPG

今お庭の住人と言えばチャコですが

チャコ 1.JPG

チャコはすっかりだらけて

あられもない姿で寝ています

チャコ 2.JPG

チャコは今年六歳になりました(たぶん ・ ・ ・)

うちに来はじめてもう五年になります

チャコ 3.JPG

時々チャコの餌を狙うネコが現れることはありますが

今日ご紹介するネコちゃんは

毎日お庭に現れ食事を催促するようになりました

昨日のシロ1.JPG

この白いネコちゃんです

まだ幼い?小柄なお嬢さん

高いところが好きらしく

庭石でも一番大きな石の上とか

昨日のシロ2.JPG

こんなところに登っていました

これは何だと思われます?

これは信楽焼のタヌキさんの顔の上

タヌキと牡丹1.jpg

[ 春の牡丹とタヌキ ]

タヌキと牡丹2.JPG

タヌキさんを後ろから見た時の姿

昨日のシロ3.JPG

いままでお庭に来たことのあるネコさんは数知れず

でもタヌキさんの顔の上に乗ったのはこの子が初めて

昨日のシロ5.JPG

まだ人間に対しては臆病ですが

少しづつ大胆になってきています

今日のシロ1.JPG

今のところ「シロちゃん」と呼んでいます

シロちゃんは尻尾と左額に模様があるだけで

あとは真っ白

今日のシロ2.JPG

額の模様がちょっと情けないようなお顔に見せます

今日のシロ5.JPG

今はまだ2mまでしか近寄れませんが

お腹が減ったら可愛い声で鳴いてカリカリを催促します

今日のシロ6.JPG

チャコはまだシロちゃんに気を許していませんが

追いかけるようなことはないです

シロちゃんはチャコの動向を伺っている感じ

これからも時々ブログに登場すると思います

宜しく~~♫

夕暮れ.JPG

夜になって雨が降り始めました

明日は一日雨の予報です

 掲示板      メール       








関連記事


プロフィール

ジュラ430

Author:ジュラ430
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧

Vitalabolove 店長の雑記帳


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR