全590ページ
最近の記事
2017.06.25  
森林植物園訪問 九十回目 その1 苗畑
2017.06.24  
雨の前の散歩で
2017.06.23  
お花と鳥さんいろいろ
2017.06.22  
似たお花あれこれ
2017.06.21  
お庭のアジサイとチャコと生き物いろいろ ・ ・ ・

2017.06.25     カテゴリー :   神戸森林植物園

森林植物園訪問 九十回目 その1 苗畑

空1.JPG

今日は昨夜の豪雨も殆ど上がって

時たま小雨が降る程度のお天気でした

もっと降ると思っていたのでちょっと肩透かしを食らったみたい

空2.JPG

今週は雨の日ばかりと覚悟していたのに

明日は午後から晴れるとの予報に変わりました

でも何だかまた変わりそうな予報で

信用できません(笑)

空3.JPG

さて今日からまた植物園訪問記を始めます

訪れたのは6月13日で九十回目の訪問になります

正門1.JPG

梅雨入りが発表され

植物園訪問をどうしようかと心配していましたが

ご存知のように21日ごろまで空梅雨でした

正門2.JPG

ただ一日中カラリと晴れた日は少なく

訪問したこの日は幸運にも雲が多少あるものの

よく晴れた一日でした♫

正門3.JPG

森林植物園では6月10日より7月17日まで

「森の中のあじさい散策」と銘打ったイベントを開催中で

私が訪れたのはイベント開始の4日後となります

正門5.JPG

本来なら梅雨の合間の晴れた日で

イベントが始まって間もなければ

かなりの人出が予想されるのですが

正門4.JPG

意外と来園者が少ないです

後になってその理由がわかりましたが

そのお話はまたあとで

正門6.JPG

正門入口や森林展示館の前などでは

プランターに植えられた鮮やかな紫陽花が迎えてくれます

正門7.JPG

このイベント期間中の一番の催しとしては

日頃立ち入ることのできないアジサイの育成苗畑を

来園者への開放することがあります

苗畑 マップ.jpg

苗畑の開放時は

鉢植えの珍しいアジサイの展示も行われます

七段花1.JPG

[ 七段花(シチダンカ) ]

七段花2.JPG

ところが今年は鉢物の展示は苗畑から

正門前広場に比重を変え

苗畑での展示数も少なく

更にロープが張られ近くでは見ることが出来なくなっていました

剣の舞1.JPG

[ 剣の舞(ツルギノマイ) ]

剣の舞2.JPG

更に更に本来メインになるはずの苗畑のアジサイたちは

まだ咲いていないものが多く

苗畑1.JPG

[ 紫陽花のまだ咲いていない苗畑 ]

全くの期待はずれの状態です

今年は予想以上にアジサイの開花が遅れたようで

イベント開催に間に合わなかったようです

苗畑2.JPG

臨機応変にイベント開催を遅らせることはできなかったのでしょうか

多分この状況が来園者の少ない理由だと思われます

ヴィブレイ1.JPG

仕方ありません

次回に期待です

ヴィブレイ2.JPG

[ ヴィブレイ ]

ヴィブレイ3.JPG

[ ヴィブレイ ]

アジサイ 不明.JPG

[ 不明種 ]

因みにこの植物園を代表する六甲ブルーのお花を咲かせる「ヒメアジサイ」の見頃は

今月の末ごろになるそうです

メタセコイア並木1.JPG

苗畑にはさっさと見切りをつけて

いつものメタセコイアの並木に戻りました

メタセコイア並木2.JPG

この日は雲が多く

こんな風に時々陽が陰ります

メタセコイア並木3.JPG

やっぱり晴れて日が照っているほうが景色は綺麗です

メタセコイア並木4.JPG

メタセコイアの並木を抜けたところには

こんな可愛いお花が咲き始めていました

サラサウツギ 3.JPG

八重のウツギのお花「サラサウツギ」です

サラサウツギ 4.JPG

外側の花弁だけ淡くピンク色をしています

ピンクの色のついていない八重の空木は

「シロバナヤエウツギ」と呼ばれます

サラサウツギ 5.JPG

昨年まではこの植物園に来なくても

お散歩のコースにシロバナヤエウツギが咲いているところがあって

お花を楽しむことが出来たのですが

駐車場の拡張工事で伐採されなくなってしまいました

サラサウツギ 6.JPG

[ 更紗空木(サラサウツギ) ]

この植物園には

その真っ白なシロバナヤエウツギのお花も咲いてます

シロバナヤエウツギ 1.JPG

植物園ではこの北エリアと

長谷池の近くで両方のヤエウツギを見ることが出来ます

シロバナヤエウツギ 2.JPG

[ 白花八重空木(シロバナヤエウツギ) ]

シロバナヤエウツギ 4.JPG

この後西洋アジサイ園を抜け香りの丘へ向かいました

そのお話はまた明日~

今日の夕暮れ

夕暮れ.JPG

明日午後から晴れるって本当かな?

 掲示板      メール       









関連記事
スポンサーサイト

2017.06.24     カテゴリー :   

雨の前の散歩で

空.JPG

今日は朝から曇り空が広がり

午後になると薄暗くなってきました

それでも明日の日曜日が一日雨との予報だったので

雨の不安はありましたがお山へお散歩に出かけました

結局雨には会わずに済みましたが

お天気予報通り夜には雨となり

そこそこ纏まった雨量になったようです(20mm)

クマノミズキ1.JPG

お山ではこんな白いお花をつけた木が目につきます

ミズキ科の落葉樹「熊野水木(クマノミズキ)」です

クマノミズキ3.JPG

水木(ミズキ)の木もよく似たお花を咲かせるそうですが

お花の咲く時期がひと月ほど早く(五月)

ミズキの葉っぱが互い違いに茎につく「互生」に対し

クマノミズキの葉っぱは二枚が対になってつく「対生」なので

よく見ると見分けられます

クマノミズキ2.JPG

[ 熊野水木(クマノミズキ) ]

紀伊の熊野地方でよく見られることから

熊野水木の名前になったとか

ムラサキシキブ1.JPG

赤紫色の可愛いお花を咲かせているこの木は

シソ科(旧クマツヅラ科)の落葉樹「紫式部(ムラサキシキブ)」

ムラサキシキブ2.JPG

[ 紫式部(ムラサキシキブ) ]

秋には紫色の可愛い実をつけます

ムラサキシキブ3.JPG

一足先にヤブムラサキのお花が咲いていたのですが

もうお花が終わっていました

ヒメコウゾ1.JPG

オレンジ色の果実をつけているのは

木イチゴではなくて

クワ科の「姫楮(ヒメコウゾ)」

久しぶりに見るヒメコウゾの実です

ヒメコウゾ2.JPG

[ ヒメコウゾの果実 ]

ヒメコウゾのお花は比較的よく目にするのですが

果実はなかなか目にできません

多分目にする前にお山の動物が食べてしまうのだと思います

ヒメコウゾ花.JPG

[ ヒメコウゾの雄花と雌花 ]

ヒゲをいっぱいつけたボール状のものが雌花で

あのオレンジ色の果実になります

今回は写真には撮れましたが

手が届かず試食は出来ませんでした、残念

ヤマの池1.JPG

菊水山の登山道の途中にある小さな池を覗いてみました

白いお花を咲かせている水生植物が群生しています

ヤマの池2.JPG

北アメリカ原産の「長葉面高(ナガバオモダカ)」のようです

ナガバオモダカ1.JPG

メダカや金魚などの観賞魚の水草として人気があるそうですが

逸出し全国の池や沼で繁殖し生態系に悪影響が出ているため

生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)に指定されているそうです

ナガバオモダカ2.JPG

[ 長葉面高(ナガバオモダカ) ]

こんな山の中の小さな池でまで繁殖しているとは

人為的に持ち込まれた可能性もあるようです

ナガバオモダカ3.JPG

そのナガバオモダカの葉っぱの上に

こんな虫さんがいました

キンイロジョウカイ1.JPG

カミキリムシのお仲間かと思ったのですが

違うようです

キンイロジョウカイ2.JPG

「キンイロジョウカイ」と言う名の甲虫さん

キンイロジョウカイ3.JPG

大きさは3センチ弱ほどでしょうか

カミキリムシさんと違い身体は柔らかいそうです

触っていないので確認は取れていませんが ・ ・ ・

オオシオカラトンボ 雄1.JPG

こちらは今年初めての写真となったオオシオカラトンボの男の子

オオシオカラトンボ2.JPG

[ オオシオカラトンボ 雄 ]

トンボさんとは今年は縁が薄いと思っていたのですが

今日は一気に三匹に出会いました

シオカラトンボ 170624.JPG

[ ムギワラトンボ ]

二匹目は写りが良くないですが

ムギワラトンボ(シオカラトンボの雌)さん

ウスバキトンボ1.JPG

そして三匹目はこのウスバキトンボさん

ウスバキトンボ2.JPG

[ ウスバキトンボ ] 

群れて飛んでいた中の一匹が飛ぶのを止めて休んでいるところをパチリ

ホシミスジ1.JPG

葉っぱの裏にアクロバティックに留まっている蝶々さんは

タテハチョウ科の「ホシミスジ」さん

ホシミスジ2.JPG

ホシミスジという名前の元となった星(ホシ)が

こうやって翅を閉じて翅の裏側を見せてくれると

翅の付け根に見て取れます

ホシミスジ 160910.JPG

[ ホシミスジ ]

普段は翅を広げて留まることが多く

ホシを見ることは難しいのですが

今回はちゃんと見せてくれました

ホシミスジ3.JPG

[ ホシミスジ ]

この翅の付け根に見える点々は

他のミスジチョウには見られない模様なんです

ナミテントウ 170624.JPG

[ ネムノキの蕾とナミテントウ? ]

今日お山に行ったのには

ネムノキのお花が咲いているかの確認もあったのですが

当地方ではまだ咲くのに時間がかかりそうでした

蕾にちょっと変わったてんとう虫さん?を発見

おまけは一昨日に見たカルガモさん

カルガモ1.JPG

カルガモ2.JPG

カルガモさんは潜水が苦手なカモさん


深く潜ることは出来ません

カルガモ3.JPG

この姿勢で水底の水草を食べています

カルガモ4.JPG

カルガモ5.JPG

お天気予報がまた変わり

日曜日は午後から雨があがるようです

それにしてもよく変わるお天気予報です

 掲示板      メール       









関連記事

2017.06.23     カテゴリー :   

お花と鳥さんいろいろ

空1.JPG

今日は晴れて暑くなりました

まるで梅雨が明けたような陽気です

当地方も今年の最高気温を記録した模様

空2.JPG

当分こんなに晴れた日はやって来ないというお天気予報で

明日から下り坂で日曜日は雨だそうです

この間の雨だけじゃ夏を越すにはまだまだ不十分

だからと言って一気に降られても困るので

暫く梅雨らしくシトシトと降って欲しいですね

空3.JPG

今日、また植物園へ行ってきました(九十一回目)

まだ九十回目のお話もしていないのですが

植物園のお話の前に溜まってきたお花や鳥さんのお話を済ませてしまいますね

ホタルブクロ1.JPG

まずはお花のお話から

もう随分前から道端で咲いているホタルブクロのお花

「蛍袋」と書かれお花の中に蛍を入れて遊ぶから付いた名前との説がありますが

どうもそれは違うみたいで

ホタルブクロ2.JPG

[ ホタルブクロ ]

「火垂る袋」つまり「提灯」に似ているから付いた名前
との説のほうが納得できるね

続いてはこんなお花

コマツナギ1.JPG

マメ科の「駒繋ぎ(コマツナギ)」のお花が咲く季節になりました

コマツナギ2.JPG

[ 駒繋ぎ(コマツナギ) ]

まっすぐに伸びる茎は

お馬さんの手綱を繋いでも丈夫で切れないからついた名前だとか

お花一つ一つはお豆さんのお花の形をしています

コマツナギ3.JPG

秋に咲く同じマメ科のクズのお花に似ています

続いてはこんなお花

クスダマツメクサ1.JPG

これもマメ科のお花で「くす玉詰め草(クスダマツメクサ)」と言い

ヨーロッパが原産の帰化植物です

クスダマツメクサ2.JPG

「詰め草」の名前のつくお花は色々ありますが

もともと荷造りの時の緩衝材(詰め物)として使われたのが名前の始まり

クスダマツメクサ3.JPG

[ クスダマツメクサ ]

「詰め草(クローバー)」、「ムラサキツメクサ」、「コメツブツメクサ」などがあります

ノハラナデシコ1.JPG

続いてはこんな可愛いお花

ナデシコ科の帰化植物「野原撫子(ノハラナデシコ)」

ノハラナデシコ2.JPG

お花の大きさが1センチほどしか無いので

園芸種にはなれなかっラお花ですが

ノハラナデシコ4.JPG

とても可愛いお花を咲かせます

これで大きなお花が咲いたら人気のお花になれたでしょう

ノハラナデシコ3.JPG

[ 野原撫子(ノハラナデシコ) ]

お花の最後は

とっても小さなお花を咲かせる

姫四葉葎(ヒメヨツバムグラ)

ヒメヨツバムグラ1.JPG

私の知っている中では1、2を争う小ささです

お花は1mmほどしかありません

ヒメヨツバムグラ2.JPG

[ 姫四葉葎(ヒメヨツバムグラ) ]

お花の次は鳥さんのお話

ツバメ1.JPG

これは貸し農園で見た鳥さんの姿

ツバメ2.JPG

こんな姿を見るのは初めてでした

誰だかお判りでしょうか

これは巣作りの土を採りに来ているツバメさん

ツバメ3.JPG

[ 燕(ツバメ) ]

ツバメさんを上から見下ろす事なんてなかなか無いです

ツバメさんは黒いと思っていたら

こんな青びかりのする濃い紺色なんですね

カワラヒワ1.JPG

続いての鳥さんは「河原鶸(カワラヒワ)」さん

カワラヒワ2.JPG

[ 河原鶸(カワラヒワ) ]

最近は住宅街にも顔をだすようになりました

キセキレイ 170623.JPG

こちらは電線に留まっているキセキレイさん

流石に電線に留まっている時はお尻をピクピクはさせません

セグロセキレイ 170623.JPG

こちらはお尻ピクピク中のセグロセキレイさん

電線の上でやかましく鳴いているのは

ヒヨドリ1.JPG

ご存知ヒヨドリさん

ヒヨドリ2.JPG

[ 鵯(ヒヨドリ) ]

この辺りでは季節に関係なくうるさいです

縄張り宣言や異性への呼びかけだと言われていますが

ヒヨドリ3.JPG

もう少しいい声で鳴いて欲しいです

ヒヨドリさんていい声で囀ることも出来るんですよ、知ってた?

ホオジロ1.JPG

こちらは木の上でさえずっているホオジロさん

最初は誰だか解らず

写真に撮ってみて初めてわかりました

写りが悪いけれど許してね

ホオジロ2.JPG

[ 頬白(ホオジロ) ]

最後は久しぶりのこの小鳥さん

メジロ 170623.JPG

[ 目白(メジロ) ]

やっぱりメジロさんは可愛いね♫

今日の夕暮れ

夕暮れ1.JPG

夕暮れ2.JPG

昨日によく似た夕暮れでした

夕暮れ3.JPG

夕暮れ4.JPG

暫く夕焼けは見れそうにないです

 掲示板      メール       









関連記事

2017.06.22     カテゴリー :   道端のお花

似たお花あれこれ

空1.JPG

今日は台風一過のようないいお天気になると期待していたのに

ほとんど一日中曇り空

気温はそれほど上がらなかったけれど湿度が高く

蒸し暑く感じました

空2.JPG

今度の日曜日から一週間はほとんど雨の予報

どんどん蒸し暑くなっていくの ・ ・ ・

嫌だなぁ~~

雨は仕方ないけれど、蒸し暑いのは嫌い ・ ・ ・

キキョウソウ 1.JPG

今日はお散歩で出会った似たお花を集めてみました

最初はこのキキョウ科の一年草「桔梗草(キキョウソウ)」のお花

キキョウソウ 2.JPG

[ 桔梗草(キキョウソウ) ]

道端でキキョウ科らしい紫色の可愛いお花を咲かせています

キキョウソウ 3.JPG

一本の茎に数個のお花を咲かせます

キキョウソウ 4.JPG

このキキョウソウによく似たお花も咲いています

キキョウソウ 5.JPG

[ キキョウソウの花 ]

それがこのお花

ヒナキキョウソウ1.JPG

キキョウ科の一年草「雛桔梗草(ヒナキキョウソウ)」

ヒナキキョウソウ2.JPG

[ 雛桔梗草(ヒナキキョウソウ) ]

ね、よく似ているでしょう

花弁が少しスマートかな

ヒナキキョウソウ3.JPG

お花自体の大きさはキキョウソウと変わりません

ただお花はキキョウソウと違って茎の先端に1個だけ咲きます

ヒナキキョウソウ4.JPG

[ ヒナキキョウソウの花 ]

複数個のお花を咲かせるキキョウソウと違い

ヒナキキョウソウの茎はヒョロヒョロとか細いです

その様子から雛の名前がついたのかな

両方共北アメリカが原産の帰化植物です

ヤナギハナガサ.jpg

[ 柳花笠(ヤナギハナガサ) ]

続いてはこの柳花笠(ヤナギハナガサ)のお花

もともと園芸種として渡来した南アメリカ原産のお花で

その後野に逃げ出し今では日本中に帰化しているそうです

アレチハナガサ1.JPG

そのヤナギハナガサによく似たお花がこれ

同じく南アメリカ原産の「荒地花笠(アレチハナガサ)」

アレチハナガサ3.JPG

[ 荒地花笠(アレチハナガサ) ]

ヤナギハナガサとの違いは

まずは色がアレチハナガサのほうが青っぽく

お花の花筒の長さも違います

ヤナギハナガサ 花筒 GIF.gif

[ ヤナギハナガサの花筒 ]

ヤナギハナガサの花筒は長く飛び出して見えるのに対し

アレチハナガサの花筒は萼に隠れて見えないほど短いです

ハルジオン 170622.JPG

[ 春紫苑(ハルジオン) ]

続いてはこのお花たち

最初は春のお花の「春紫苑(ハルジオン)」

ハルジオン 葉.jpg

[ ハルジオンの葉 ]

ハルジオンのお花はもうほとんど終わり

今咲いているのはよく似た「姫女苑(ヒメジョオン)」

ヒメジョオン1.JPG

[ 姫女苑(ヒメジョオン) ]

ハルジオンと比べ花期が長く

秋の終わり頃でもまだお花を見かけることがあります

ハルジオンとは花びらの印象が違うでしょう

ヒメジョオン2.JPG

更に葉っぱも随分と違います

ヒメジョオン 葉.JPG

[ ヒメジョオンの葉 ]

ハルジオンの葉っぱは茎を抱くように付いていますが

ヒメジョオンの葉っぱは葉柄で茎に付いてます

ヘラバヒメジョオン2.JPG

更に最近増えてきているのがこのお花

箆葉姫女苑(ヘラバヒメジョオン)

ヘラバヒメジョオン3.JPG

道端や空き地で群生しているのをよく見かけるようになりました

ヘラバヒメジョオン4.JPG

[ 箆葉姫女苑(ヘラバヒメジョオン) ]

ヒメジョオンの花びらより長さが短く

お花自体が小さく見えます

また名前のように葉っぱがヘラのように細長いのが特徴

ヘラバヒメジョオン 葉.JPG

[ ヘラバヒメジョオンの葉 ]

ヘラバヒメジョオンはヒメジョオンほど花期は長くなく

秋にはもう殆ど見かけません

おまけはまるで西洋のお花のような名前のこのお花

クララ 1.JPG

マメ科の多年草「クララ」

このクララは西洋の女の子の名前みたいに聞こえますが

漢字で書くと「眩草」

クララ 2.JPG

根っこは苦参(くじん)と言う生薬になり

健胃作用などがあるそうですが

クララ 3.JPG

口に含むとあまりの苦さに

クラクラと目眩がするので付いた名前が「眩草(クララグサ)」

クララ 4.JPG

アハハハ、まるで冗談のような命名です

クララ 5.JPG

[ 眩草(クララ)の花 ]

お花は至って地味です ・ ・ ・


今日の夕暮れ

夕暮れ1.JPG

夕暮れ2.JPG

夕暮れ3.JPG

夕暮れ時も薄曇りでした

夕暮れ4.JPG

夕暮れ5.JPG

夕暮れ6.JPG

明日は晴れて暑くなる予報です

熱中症に気を付けましょうね

 掲示板      メール       









関連記事

2017.06.21     カテゴリー :   

お庭のアジサイとチャコと生き物いろいろ ・ ・ ・

空1.JPG

台風並みに発達した低気圧と梅雨前線の影響で

各地に大雨や暴風による被害が出ています

被災された方々には心からお見舞い申し上げます

空2.JPG

空梅雨の年にはお天気が荒れやすいと言われていますが

悪い方で当たってしまいました

当地では大きな被害は出ませんでしたが

予想以上の強風が吹いたと見られ

庭木の枝が折れたり

鉢植えのトマトが倒れ3個ほど実が取れてしまいました

空3.JPG

雨風は午後には治まり夕暮れ近くにはお日様も出てくれました

今日は今回の暴風雨の前に撮ったお庭の様子をご紹介

お庭のサツキがそろそろ終わろうとしていますが

サツキ1.JPG

鳥さんが運んだ種?から育ったサツキが

今頃になって咲き始めました

サツキ2.JPG

サツキにも種ができるのでしょうか

庭石の隙間から生えてきたサツキたちです

ムラサキツユクサ1.JPG

こちらは大きな株に育ったムラサキツユクサ

これも鳥さんの置き土産から生えたお花です

ムラサキツユクサ2.JPG

庭中に広がろうとするのをどうにか4つの株だけに押し込めています

実はお庭の南天も最初は1本しか無かったのに

鳥さんのお陰で庭中に増えてきました

ナンテン1.JPG

今年は南天のお花がとても多いです

沢山実が生ってくれるのか

それとも期待ハズレで終わるのでしょうか

ナンテン2.JPG

今年はトマトの苗を2本買って鉢植えにしました

ミニトマトと少し大きなトマトの二種類

トマト1.JPG

ミニトマトの方はもう30個以上の実を付けていますが

今日の風で倒れその内の3個が落ちてしまいました

それらはナスと一緒に素揚げにして今晩のオカズの一品になりましたが ・ ・

トマト2.JPG

これからは風で倒れないように何か考えなければ

次はブログタイトルのアジサイです

アジサイ1.JPG

今年はどうしたことでしょうと言うくらい

沢山のお花を付けてくれました

アジサイ2.JPG

結構これでも切り花にして使っているのですが

あまり減ったように見えません

アジサイ3.JPG

もう少し青いお花も欲しいのですが

これでも数年前と比べると青くなってきているのです

アジサイ4.JPG

数年前まで秋に焚き火をした時に出る灰を

肥料としてアジサイの根本にあげていたため

赤いお花しか咲かなくなっていたのです

アジサイ5.JPG

灰を施すのを止めてから

徐々に青色が戻ってきました♫

アジサイ6.JPG

アジサイ7.JPG

そのアジサイの近くの日陰でまったりしているのは

ご存知チャコ

チャコ1.JPG

チャコ2.JPG

もう少し日陰の中に入らなきゃ

って思ってしまいますが

チャコ3.JPG

チャコ4.JPG

最近は鳥さんを追いかけることもなくなったチャコです

反対にチャコのドライフードを狙ってヒヨドリさんが来るようになりました

スズメ1.JPG

こちらはお隣のアンテナに留まっているスズメさん

スズメ2.JPG

そしてこちらは

コスズメガ 170621.JPG

コスズメと言う名の蛾さん

トビ 170621.JPG

上空を飛んでいるのは鳶さん

トンボエダシャク 170621.JPG

ネズミモチのお花にいるのはシャクガ科のトンボエダシャクさん

ヒロオビトンボエダシャク 170621.JPG

モミジの葉に止まっているのは

シャクガ科のヒロオビトンボエダシャクさん

ビロウドハマキ 170621.JPG

このカラフルな虫さんは

ビロウドハマキって言うハマキガ科の蛾さん

ナンテンとハナムグリ.JPG

南天のお花にいるのはハナムグリさん

家のお庭には生き物がいっぱい

今日の夕暮れ

夕暮れ 1.JPG

明日はいいお天気になるそうです

夕暮れ 2.JPG

夕暮れ 3.JPG

夕暮れ 4.JPG

明日はお散歩に行けそう♫

 掲示板      メール       









関連記事


プロフィール

ジュラ430

Author:ジュラ430
FC2ブログへようこそ!

ブロとも一覧

Vitalabolove 店長の雑記帳


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR